日本の動画サイト利用動向に関する最新データを公開。年齢層により異なる視聴傾向が明らかに【comScore調べ】

写真拡大 (全3枚)

国内オンライン動画プロパティトップ10

2016年4月のオンライン動画プロパティの日本国内トップ10は、YOUTUBE.COMを擁するGoogle Sitesが4,296万のユニークビューワー数で首位。GYAO!を含むYahoo Sitesが2位の3,322万人、3位が1,332万人のTwitterでした。

年齢層別のオンライン動画プロパティトップ10

2016年4月の年齢層別のトップ10では、34歳以下と35歳以上では利用動向が異なる結果となりました。
34歳以下の層ではKadokawa Dwango Corporationが4位以内にランクインし、ANITUBE.SEがトップ10に入っています。Facebookは18-24歳、25-34歳の層で8位でした。一方、35歳以上のユーザーはFacebookで動画を視聴するユーザーがKadokawa Dwango Corporationよりも多く、また、動画広告配信のTeadsが3位に入り、そのリーチが高いことがわかります。
特徴的なのは6-17歳の層で唯一、TwitterがYahoo Sitesのビューワー数を上回ってる点です。

注)「動画」とは、ライブストリーム再生(一部の暗号化されたストリーミングは除く)とダウンロード再生を含む、オーディオビジュアルコンテンツに分類されるものを指します。区切られて再生される長時間の動画(例:途中に広告が挟まれているテレビエピソード)に関しては、それぞれ区切られた分の数、独立した動画ストリーミングとしてカウントされます。動画視聴には、ユーザーが自主的に再生した動画と自動的に再生された動画のうち、3秒以上再生された動画が含まれます。