白無垢にも色打掛にも!お花を使った和装ウェディングのヘアスタイルまとめ

写真拡大

白無垢や色打掛といった、日本ならではの和装の結婚式ってとてもステキですよね。ウェディングドレスもかわいいですが、清楚で上品な雰囲気のある着物に憧れる人も多いのでは。

そんな和装ウェディング、もちろん衣装選びも大事ですが、ヘアスタイルもばっちり決めたいもの。ここではお花を使ったヘアアレンジをまとめました。

(トップ画像:hinatic_wedding さんのインスタグラム より)

◆白無垢には白いお花でイノセントに

真っ白なお花を主役に、グリーンやパープルをきかせたアレンジ。後頭部にふんわりとボリュームをもたせます。

大ぶりのお花と赤×ゴールドのかんざしが目を引くスタイル。ありきたりでない髪型を希望の方におすすめです。

右側はシンプルな編み込み、左側にはたっぷりのお花を。アシンメトリーでおしゃれなアレンジですね。

 

@bp_o_qdが投稿した写真 -

日本髪にお花を添えてもかわいらしく仕上がります。種類の違うものをきゅっとまとめると洗練された印象に。

 

hideさん(@hide_isokawa)が投稿した写真 -

大きな胡蝶蘭が目立つヘアスタイル。顔の横に揺れるお花で可憐な花嫁さんへ変身です。

◆派手なくらいがかわいい!色打掛ならカラフルに

まるで鞠のような、ころんとしたフォルムがかわいいお花。色打掛と同系色でそろえるのがおすすめです。

 

@brideinkaruizawaが投稿した写真 -

耳の横から飾りを垂らしたら、舞妓さんのよう!生花でもマネできそうなヘアアレンジです。

赤やピンクでも、トーンを微妙に変えることで華やかな仕上がりに。ハレの日にぴったりの髪型です。

紅白のお花がゲストの目を引き付けます。明るい色合いで、きれいな花嫁さんをさらに美しくしてくれますよ。

明るいヘアカラーや編み込みも、色やアイテムしだいで和装にぴったりなアレンジに。春から夏にぴったりのスタイル!

生花でヘアセットをお願いする場合は、どんなお花が使われるのか事前にしっかりチェックを。時期によっては目をつけていたお花が使えない……なんてこともあります。イメージに食い違いがないように準備していきましょう。

また、どんなにこだわりが強くても季節外れのお花はいまいち。例えば冬の結婚式でひまわりやアジサイのお花をさしているようでは、ゲストに「?」と思われてしまいます。シーズンに合ったお花になるよう、フローリストさんとよく相談を。

造花のヘアセットでも、他のヘアスタイルと同じようにヘアメイクリハーサルの際にはいろいろな角度からチェックを。新郎や家族、友人などに来てもらえれば一番いいですが、一人で行く場合は後ろから何枚か写真を撮ってもらい、チェックするようにしましょう。

お花の髪飾りをつけることって、大人になってからはあまりないですよね。自分のイメージやお着物にぴったりのヘアスタイルが見つかるよう、ぜひ参考にしてみてください。