家庭用ロボットは「Jibo」のようであるべきだ:最新デモ動画

写真拡大

世界初の家庭用ロボットとしてクラウドファンディングで371万ドルを集めたプロジェクト「Jibo」。音声認識や顔認識、機械学習と自然言語処理を活用しつつ、人間とのやり取りから学ぶデモ動画を紹介。

アマゾンのAIパーソナルアシスタント「Alexa」(日本語版記事)は冗談を言い、アップルの「Siri」は俳句を詠み上げる。だが、現在開発中の家庭用ロボット「Jibo」(ジーボ)なら、それ以上のことをしてくれるはずだ。気分が落ち込んだ人がいると、Jiboはその人を笑顔にしようとしてくれる。

「家庭用ロボットは「Jibo」のようであるべきだ:最新デモ動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

高さ約28cm、重さ約1.3kgのJiboは、小さな花瓶くらいの大きさだ。マサチューセッツ工科大学(MIT)のソーシャルロボティクス専門家、シンシア・ブリジール准教授は、人間の共感にアプローチするロボットとしてJiboを設計した(2014年にクラウドファンディングで大成功(日本語版記事)し、最終的には371万ドルを集めた。支援者は749ドルでJIBOを手に入れられるとされている。以下はIndiegogoに掲載された動画)。

「われわれは、人々が実際に毎日一緒に暮らし、関わりたいと思うような人格をつくりあげることに非常に神経を使っている」とJibo社のデザイン担当ヴァイスプレジデント、ブレイド・コテリーは言う。

チームは、人格をもち、さまざまな感情を表すロボットを設計したいと考えた。Jiboには手も目もなく、ただずんぐりした円柱型の胴体に大きな丸い頭がついているだけなので、これはなかなか難しい作業だった。さらに、Jiboがお喋りになりすぎないようにしつつ感情表現をさせることも大切だった。黙ることができないロボットはとても煩わしいからだ。

Jiboの仕草は、子犬などの生き物に似ている。「一体どうしたんだ」と叫ぶと、Jiboはうなだれ、何かいけないことをしたか尋ねて、状況から学習しようとする。

Jiboは、音を聞き、質問することで学習する。機械学習と音声認識・顔認識、自然言語処理を活用し、人間とのやり取りから学んでいくのだ。ユーザーが夕飯に何を食べたいと思っているかを認識したり、子どもに勉強を教えたりもできる(2016年5月にはバンダイ・ナムコとの提携も発表した。なお、文末の動画は、2016年4月に発表された「初期段階のデモ」。5′20″くらいから、「感情」を示すシーンがある)。

人工的につくられる人格とのつきあい方に慣れておくのに、いまはちょうどよいタイミングだろう。彼らがまだカウンターの上にじっとしていて、われわれを彼らの手下にしようとせず、一生懸命喜ばせようとしてくれている間は。