全長約3.6mまで伸びる釣り竿スタイルのカメラ『テレスコピックカメラ』、サンコーが発売

写真拡大

サンコーは、全長約3.6mまで伸びるポールの先にカメラを装備し、高所や狭い場所の様子を撮影しやすい『テレスコピックカメラ』を発売しました。価格は12万8000円(税込)。

【ギャラリー】テレスコピックカメラ (16枚)

『テレスコピックカメラ』は、屋根の雨樋といった高い場所や狭い場所の様子を撮影できる検査用カメラです。全長が約1〜2.8m(ハンドル・形状記憶チューブを含めると3.6m)に伸縮するカーボン製ポールの先端に、IP68相当の防水性能を備えた形状記憶チューブ付きカメラを搭載。カメラ周りには調光機能付きのLEDライトが12灯設けられ、暗い場所でも映し出します。

カメラは静止画・動画撮影が可能で、解像度は720×576/720×480/640×480の3種類から、フレームレートは15/30fpsから選べます。静止画はJPG形式、動画はAVI形式でSDカードに保存されます。容量32GBまでのSDカードに対応しており、8GBのSDカードが同梱。

ハンドル部分には各種操作が可能なボタンが配置され、撮影した映像を確認できる4.3インチのモニターも付いています。モニターに付属のマイクをつなぐと、音声を動画に追加することも可能。また、屋外でもモニターが見やすいよう、着脱式の遮光カバーも付属しています。

バッテリー容量は5200mAhで、連続駆動時間は約4.5時間。本体サイズは70×3600×75mm、重量は1.4kgです。