写真提供:マイナビニュース

写真拡大

D2Cは、サイバー・コミュニケーションズの協力を得て、2015年1月〜12月における、インターネット広告市場におけるデバイス(スマートフォン、PC)別広告費、広告種別広告費、動画広告費の調査を実施した(調査期間:2016年2月〜5月)。媒体社を対象とした調査、および電通が2016年2月に発表した「2015年日本の広告費」を元に調査結果を集計した。

2015年のインターネット広告費は9,194億円(電通「2015年日本の広告費」より)、その内、スマートフォン広告費は4,979億円(54%)、PC広告費は4,215 億円(46%)となり、スマートフォン広告費が過半数を占めた。

2015年と2014年で比較してみると、2015年は、スマートフォン広告費が前年比144%、PC広告費が前年比88%となったという。

また、スマートフォン広告費とPC広告費の2016年の市場規模は、スマートフォン広告費は5,516億円で前年比111%、PC広告費は4,159億円で前年比99%と予測され、スマートフォン広告費は引き続き高い成長率を示し、PC広告費は減少傾向にあると考えられるという。

その結果、スマートフォン広告費はインターネット広告媒体費の57%に達すると予測される。

動画はインターネット広告市場において、近年、急速に成長していると考えられ、動画広告の市場規模に関して推計を行った。2015年の動画広告費は516億円となり、インターネット広告費全体の5.6%を占めている。2014年の動画広告費は290億円であり、2015年に動画広告費は前年比178%と推計。また、2016年の動画広告費は825億円となると予測され、前年比160%と、引き続き高い成長率を示すと推計している。

(丸山篤)