写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TSUTAYAは、カルチュア・エンタテインメントとワンモアとの3社(CCCグループ)で、ものづくりにチャレンジするクリエイターを店舗・ネットを連動して支援する取り組みを始動した。その第1弾として、クリエイター集団「ゼロバイゼロ」が開発した音楽に合わせて煌めくLEDキャンドルライト「Kvel(クベル)」のクラウドファンディングを開始する。

今回の取り組みは、全国にTSUTAYAを展開するTSUTAYAが、 映像・出版・音楽の企画製作等のエンタメ事業を展開するカルチュア・エンタテインメント(C&E)と、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」を運営するワンモアの3社が、インテリアやデザイン雑貨、ファッション等の分野においてプロダクトクリエイターが才能を発揮する機会を創出し、顧客に喜ばれる商品開発を支援するもの。

「GREEN FUNDING by T-SITE」にて受注予約を行い、C&Eが商品製造後の仕入れやTSUTAYAでの販路開拓およびプロモーション戦略立案などのマーケティングを行うという。

また、クリエイター支援の第1弾商品となる「Kvel」は、クリエイター集団「ゼロバイゼロ」が開発したLEDキャンドルライト。オーディオ・アナログ回路によって周囲の音を可視化し、ロウソクのような自然で暖かい光のきらめきを実現するものだ。ハンドメイドガラスを製造する「SGHRスガハラ」の協力のもと、同製品向けに製作されたオリジナルグラスが付属する支援コースも用意されている。

「Kvel」クラウドファンディングページでの目標金額は100万円。本稿執筆時点(7月5日 13:45)で60万円弱の支援金が集まり、Kvelを30%オフの8,400円で購入できる「【単体】超早期割引プラン」が残り31個残っている。出荷予定は2016年10月末。

また、8月14日〜8月28日には、夜間の店内にキャンドルライト「Kvel」が灯り、音楽とともにプレミアムジン「ボンベイ・サファイア」のオリジナルカクテルを楽しめるイベント『blue art bar by Bombay Sapphire』が開催される。会場は、東京都・渋谷のSHIBUYA TSUTAYA SHELF67内「SHELF67 WIRED CAFE」。また、8月13日 19時30分からは、サカナクション、山口一郎氏、ブルータス編集長 西田善太氏、 タクラムデザインエンジニアリング 渡邉康太郎氏が登壇するイベントも予定されている。参加申し込み方法などの詳細は、特設サイトで告知されるとのことだ。

なお、マイナビニュースでは、クリエイター集団ゼロバイゼロのミラノサローネ出展記を掲載している。

(早川厚志)