マタ、ユナイテッド残留を望む?…エバートンやバルセロナが関心

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドでの将来が不透明な状況にあるスペイン代表MFフアン・マタ(28)だが、自身は残留を希望しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽マタに関しては、チェルシー時代に冷遇されたジョゼ・モウリーニョ監督のユナイテッド新指揮官就任や、新戦力到着による出場機会の減少により、今夏の移籍が取りざたされている。

▽そのマタの移籍先としては、バレンシア時代に師弟関係にあったロナルド・クーマン監督率いるエバートンの他、スペイン『ムンド・デポルティボ』によればバルセロナも浮上しているようだ。

▽しかし、『デイリー・メール』が伝えたところによれば、マタには現時点でユナイテッドから去るという選択肢はなく、ポジション争いに身を投じる意向を示しているという。