ジカ熱が

写真拡大

リオ五輪ゴルフ日本代表候補の松山英樹がきのう4日(2016年7月)、虫アレルギーなどを理由に代表を辞退すると表明した。ゴルフの代表は世界ランクの各国上位2人となっているが、2番目の谷原秀人も辞退するという。欧米の有力選手も次々と不参加を表明しており、五輪ゴルフは寂しいものになりそうだ。

欧米選手も次々不参加!賞金なし、シード権無関係でうまみなし

松山は「虫に刺されると、極度に強い反応が出る傾向があり、何度も化膿して十分な態勢でプレーに臨めない事態に見舞われました」という。2013年の米ツアーで、頬が大きく腫れたままプレーした。

イギリスのロリー・マキロイ、オーストラリアのジェイソン・デイ、南アフリカのシャール・シュワーツェル(南アフリカ)らも、「ジカ熱」などを理由に参加しないとしており、奥さんが妊娠中という選手もいる。

だが、理由はまだあった。ひとつは日程だ。7月は全英オープンが14〜17日、全米プロ選手権が28〜31日にある。リオ五輪のゴルフ種目は8月11〜14日に開催され、このすべてにピークを合わせるのは容易ではない。さらに、トップ選手にとっては五輪メダルは「メジャートーナメントに匹敵する価値」が見出せないというのがある。賞金もなし。米ツアーのシードに関わるポイントもなし。リスクを冒してまで戦うほどの魅力がないというわけだ。

谷原秀人も辞退で、池田勇太と片山晋呉に権利

では、ゴルフの代表はどうなるか。世界ランクでは、松山が17位、谷原が84 位、次が91位の池田勇太、103位の片山となる。

龍崎孝(流通経済大教授)「残念ですが、スポーツは自分の意思でやるものですからね」

司会の夏目三久「頬が膨れた写真を見ますと、不安感を抱えて臨むのは良くないかも」

しかし、そんなことを言ったら、他の種目の選手はどうなるのか。先にブラジル合宿をした女子バレーの日本代表は、ジカ熱対策に大量の蚊取り線香を焚いた上に、虫除けもしっかり塗り込んでいた。

112年ぶりにリオで五輪復活したゴルフだが、こんなことだと、次の東京五輪では五輪種目に入れることの是非が問われかねない。