ノンシリコンの方がダメージを与えてることも

写真拡大

ドラッグストアに並ぶシャンプーには「ノンシリコン」の謳い文句がたくさん。シリコンシャンプーは本当に悪者なのか、知識を深めて選べる女性になって♪シリコンは実は裸の髪を守る救世主。ノンシリコンシャンプーの方がむしろ髪にダメージを与えている可能性も。シリコンは化学変化をほとんどしないオイルのようなもの。シャンプーやコンディショナーだけじゃなく、ティッシュペーパーや柔軟剤、皮膚に直接つける乳液にも入っている成分。毒性の低い物質で、成分表では以下のように表記されていることが多い。

・ジメチコン
・ジメチコンコポリオール
・フェニルトリメチコン
・アモジメチコン
・シクロメチコン
・シロキサン

◎ つるつるヘアーにはシリコン入りシャンプー

シャンプーのシリコンは手触を良くして、髪にツヤを出してくれる効果が。痛んで開いてしまったキューティクルをコーティングするから、切れ毛や枝毛が多い人にはシリコン入りシャンプーが必須。髪に重さが出るから、髪が広がりやすいという人にもGOOD。
「シリコンは頭皮の毛穴をふさいで、抜け毛の原因になる」という迷信は、頭皮をしっかりとすすげば毛穴につまるということはナシ。

◎ ノンシリコンシャンプーでダメージを受けやすいヘアに

ノンシリコンシャンプーのデメリットはズバリ「髪が裸のままになる」こと!シリコンのない状態で髪を乾かせば、髪は脱水状態に。守ってくれるものがないから、洗っているときから洗浄成分と摩擦で髪を傷つけている可能性も。シリコンは髪を守るために大切な成分。シリコンを利用するかしないかは、髪質や好みでチョイスを。

◎ 悪者はラウリル硫酸!?

シリコンではなく「ラウリル硫酸」を見極めてチョイスするのが良いかも!?ラウリル硫酸は界面活性剤の一種で、強い洗浄力があって、毒性も強いもの。刺激で敏感肌や乾燥肌の人は肌が荒れてしまうことも。ラウリル硫酸などの石油系シャンプーや、石鹸素地を使った石鹸系シャンプーよりもアミノ酸系界面活性剤を使用している「アミノ酸シャンプー」のほうが低洗浄力。低刺激だから、頭皮の乾燥をおさえて髪へのダメージをおさえてくれる。

【石油系シャンプー】
・洗浄力(脱脂力)…強
・刺激(毒性)…高

【石鹸系シャンプー】
・洗浄力(脱脂力)…強
・刺激(毒性)…中

【アミノ酸系シャンプー】
・洗浄力(脱脂力)…弱
・刺激(毒性)…低

アミノ酸系シャンプーの主成分はコレ!

・ココイルグルタミン酸
・ヤシ油脂肪酸
・ミリスチン酸
・グリシン
・メチルアラニン
・サルコシン

これからは洗浄成分にもこだわってみて美髪に♡

(著&編集:nanapi編集部)