画像

写真拡大 (全2枚)

 ジーニーは、7月5日、BtoC向けのマーケティングオートメーション「MAJIN」の提供を開始した。月額10万円で、集客、販売管理、販売促進を最適化するための全機能を利用可能。

 ジーニーは、7月5日、マーケティングオートメーション「MAJIN(マジン)」のサービス提供を開始した。これはスマートフォン向けプッシュ通知サービス「Fello」を元に開発したもので、集客施策から販売促進・顧客管理までを自動最適化するBtoC向けサービス。

 「MAJIN」は、同社のデータプラットフォーム「Geniee DMP」の強みを活用し、業種ごとに最適なルール設計を実現し、クロスチャネルでのスコアリング/シナリオ配信が可能。また、メール配信の自動最適化だけでなく、マーケティングオートメーションとリスティングやディスプレイ広告を掛け合わせた運用のほか、スマートフォンのプッシュ通知の自動最適化なども可能。

 また、月額10万円のスタンダードプランで、集客(アトリビューション、入札自動化、レポート一元化)、販売管理(アナリティクス、DMP)、販売促進(プッシュ通知、メール配信)など、すべての機能が利用ができる。

MarkeZine編集部[著]