藤ヶ谷太輔に征服されたい!映画『MARS』も好評
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 藤ヶ谷太輔さん、窪田正孝さんW主演の映画『MARS〜ただ、君を愛してる〜』が好評を博しています。本作で藤ヶ谷さんは、光と影の二面性をもつ男性・樫野零役に挑戦。

 劇中では交錯する零の内面を表現するように、さまざまなチェック(格子柄)の服をまとっています。

 赤と黒、青と黒、黒と白……。まかり間違えば“オタクっぽい”と評されがちなチェックのシャツを、小気味よく感じよく着こなせるのは、藤ヶ谷さんが相反するふたつの魅力を持っているからではないでしょうか。

◆『キスマイBUSAIKU!?』でもおなじみの攻め方

 ガンガン押していく男は山ほどいるのですが、彼はむしろ相手を引き寄せ、ここぞというときにそっと指先で押すような攻めかたをする。これは手練れの所業です。

 その手腕は、『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)でもおなじみ。

 諭すようなささやくような、どこか密やかで温かい話し方。つぶらと涼しげを行き来してまたたく瞳。はにかみと鷹揚。強気と照れ。

 6月25日に29歳の誕生日を迎えたばかりの藤ヶ谷さんは、今まさに青年と大人の男のはざまで、絶妙なバランスをとっているように思えます。

 そんな彼だから、若い女性はもちろん、奥様がたを根こそぎ虜にしているのもうなずけます。彼女たちに言わせると、「ノーマークだったのに、あっという間に押し倒された感じ!」なのだそう。

 言うなれば、帰省のついでに寄ってくれた息子の友達がえらくいい男に成長していてテンパッた、みたいなおののきを与えてくれる。それが藤ヶ谷太輔という男です。

 息子の友達にときめくとかありえんだろ! 的な戸惑いの柵も、スイッと乗り越えてきそうな藤ヶ谷さん。

◆ヲタの妄想をかき立ててこそジャニーズ

 ってか、ヲタの妄想をはかどらせてこそのジャニーズです。

 玄関先で麦茶を出しながら、「今度は息子がいるときに来てくれなきゃ困る!」という気と、ぜひまた留守のときに来てほしいという気がせめぎ合う。

 女心にまで二つの糸で格子柄を描いてみせる、本当にこしゃくな人と言えましょう。

 境界線上の美学を知る彼は、無敵の男としての道を着々と歩いています。これは勝てない!

 しかしながら、藤ヶ谷さんを見つけてしまったその日から、いつかチェックメイトをキメられるのは、運命だったのかもしれません……。

“MARS”とは、軍神のこと。恋の神様“たいぴー”に征服されるならば本望、ですよね!

【MARS〜ただ、君を愛してる〜】公式サイト http://mars-love.jp/

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』