写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ラグビー日本代表の「経営戦略変革」をクラウドで支援
ラグビー日本代表が衝撃的な勝利を飾り、話題となったラグビーワールドカップ2015。南アフリカ代表を相手に勝利したチームは報道でも大きく取り上げられ、それまでラグビーという競技にほとんど興味を持っていなかった人でも選手の名前や顔を覚えたことだろう。奇跡が起こったというような雰囲気で語られることもあったが、実際には勝てるチームを目指し、着実に歩んできた結果の象徴だったという。

○ラグビー日本代表の「経営戦略変革」を側面サポート

「従来、体格的(フィジカル)にどうしても外国勢に劣る日本人は、手先の器用さやスピードで戦うべきだという考え方でした。しかし、フィジカルに背を向けずに過酷なトレーニングを課して限界まで鍛えていく、というのがエディージャパンのスタイルだと聞かされました」と語るのはエディー・ジョーンズ氏が日本代表ヘッドコーチに就任した後に、代表チームを影で支えてきたユーフォリアの代表取締役/パートナーである宮田誠氏だ。

ユーフォリアは現在、スポーツ選手の体調管理をクラウドで行うサービス「ONE TAP SPORTS」を展開している。同サービスのベースとなっているのが、ラグビー日本代表のトレーニングを支えるためにオーダーメイドで開発されたシステムだ。現在はユーフォリアのメインビジネスになっているONE TAP SPORTSだが、当時は特にスポーツ分野に特化した展開を行っていたわけではなかったという。

宮田氏は「2008年に数人の仲間とともにユーフォリアを設立し、企業の課題解決を行うコンサルティングファームを主力事業としていました。2012年にラグビー日本代表チームとの出会いがありましたが、そこで聞かされたのが2019年に日本で開催されるワールドカップに向け、チームのすべてを変えていくという話でした。それはいわばチームとしての『経営戦略』を変えていくという話でした」と語る。

2019年のワールドカップは自国開催であることもあり、ベスト8に入るのが目標だという。しかし、これは2012年当時の日本代表にしてみれば、あまりにも高すぎる目標だった(過去7回のW杯の戦績は1勝21敗2分け)。実現するためには、どの時点の大会で、どのような成績を収めていなければならないのかという目標が明確に出てくる。そこを睨んで逆算した動きがユーフォリアへの呼びかけだった。

「勝つためには戦い方を変えなければいけない。戦い方を変えるためには体を変えなければいけない。体を変えるためには、けがをするギリギリまで追い込まなければならない。言い換えれば、けがをさせないためにはギリギリまで追い込んだところで止めなければいけない。それを『見える化』するツールを作ってほしいというオファーでした」と宮田氏。

スポーツに特化したシステムを作った経験はなかったが、求められている内容は従来の企業向けシステムの設計思想とかなり近いものがあり、十分対応できるだろうという判断でユーフォリアは開発をスタートさせた。

●トレーニング中や日常のコンディション管理に着目したONE TAPの強み
○ストレスなく選手が利用できるためのシステム

2012年末に半年程度で作り上げたONE TAPは現場投入後、現在に至るまで何百回というカスタマイズが行われてきたという。時には夜のうちにカスタマイズ希望部分が伝えられ、翌朝までに仕上げなければならないこともあったというほどクイックな対応を求められたが、小規模な会社だからこそ対応できたと語る宮田氏は「われわれは『IT』というたった1つのピースに過ぎないけれど、一緒に戦っているという気持ちでした。だからこそ、南アフリカ戦はいいところまで行くのでは...とは思っていました」とも語る。

劇的な勝ち星を挙げたラグビー日本代表の成長を支えてきたという実績からONE TAPも注目され、汎用化したものがONE TAP SPORTSとしてサービス化された。各種競技のナショナルチームに加え、ラグビーやサッカー、野球といった競技のプロチーム、育成チーム、大学の競技チームなどで採用されているという。

一部機能の絞り込みや分離なども行われているが、基本的な操作性などはラグビー日本代表が使用していたものと同じで、選手側が主観で入力する項目と指導者が入力する項目および、客観的なデータが存在する。選手は疲労度や体調、睡眠、痛みの有無などについてスマートフォンやタブレットを利用して入力するのだが、スライドバーをタップするだけで手軽に入力できるよう工夫されている。

加えて、指導者による練習強度や内容などの情報入力と、体重などの基礎データ、けがの有無や状態、治療に関するデータなどが追加される。その結果、練習が厳しすぎて疲労度が大きく、多くの痛みを訴えているから翌日の練習を減らすことや、選手によっては練習を休ませるというような判断が行えるわけだ。

また、閾(しきい)値を設定して問題発生の可能性が高まっている場合や、疲労度が非常に高い場合には指導者たちにアラートが送られる。さらに、データから読み取った分析結果をユーフォリア側でレポートにして提供することもある。しかし、アラートをどう受け止めるか、レポートの内容をどれだけ選手に伝えるかという判断は現場の指導者、トレーナーなどが行うものでユーフォリア側が踏み込む場ではないという。

宮田氏は「ラグビー日本代表の場合は個人の所有するスマートフォンから入力していたので、起床して動き出す前に一部の計測データや主観データを入力していましたが、中にはチームに数台のタブレットを用意して選手が並んで入力するような方式を採用していることもあります。選手によっては、同じ痛みでも辛さを感じる程度が違うこともあり、また体調が悪いことをなかなか言い出せない選手もいると思います。そのため、ある程度時間をかけて数値の推移を見ていくことにより、選手ごとの傾向を把握しようとしています」と説明した。

正確なデータを取るだけならばウェアラブルデバイスを使う方法もあるが、種類が多く、選択が難しいうえに競技中には邪魔になり、壊れやすいという問題もある。衣類に組み込むものもあるが、競技の邪魔にならず十分な強度を持たせるためには、もう少し時間がかかりそうだ。現在はGPSを利用して移動距離・スピードなどを計測することが主流で、コンディションデータの取得は一部に限られているという。

そして同氏は「選手にとってストレスがないことが重要です。動きを妨げてしまうようなウェアラブルデバイスや、面倒な入力は選手の負担になります。こんなデータが取れてすごいというのは現場では意味がなく、何に役立つデータを取っているのかを選手が納得したうえで取得するものでなければなりません」と指摘する。

これまで、スポーツ分野におけるデータ管理はゲーム中の選手の動きを分析するものが中心だったが、トレーニング中や日常のコンディション管理に着目したことがONE TAP SPORTSのポイントであり、幅広い分野から注目を集めていることを裏付ける。また、価格が安価であることもあり、トップアマともいえる大学の上位チームだけではなく、高校の部活動や、それ以下の年代を対象としている少年チームなどからも注目されているようだ。

●ラグビー以外のスポーツや高齢者までカバーし、幅広い需要に対応
○トップ選手育成や部活動など若年層のスポーツに活用

導入事例として目立つのはナショナルチームやプロチームだが、真に「ONE TAP SPORTS」が活きてくるのは育成分野ではないかと宮田氏は語る。プロチームの下部組織であるユースチームや付属校を持つ大学などでは、若い世代を的確に育成することでトップチームの勝利へつなげるという考え方で利用できるほか、データ上で今後成長する選手を探すことができる可能性もあるという。

育成年代への導入について宮田氏は「例えばプロ野球のチームでも1軍には導入せず、2軍以下のみというところもあります。ベテランの選手は主観と客観のズレが少ない傾向があるのですが、経験が少ない選手はやはりズレが大きい傾向がありますし、若手だと若さや体の柔軟さで無理をしてもカバーできてしまうことがあるため、限界を超えると大きなけがになったりする可能性もあります。育成年代こそデータ管理は重要です」と説く。

データを記録するだけで強くなるというものではなく、分析が重要であるため少年チームで導入すれば、すぐ勝てるようになるというものではないが、内容の汎用化やオンライン相談の充実などで対応力は強化できるという。

強化という観点では強豪チームのデータを参考にしたいという要望も想定されるが、その点について同氏は「データは個人情報のため、もちろんそのまま提供することはできませんが、リーグや競技団体全体にとって有用なデータであれば共有したい、とうニーズが実際に出てきています。これは、そのスポーツを統括する競技団体のコンセンサスが不可欠となり、今後の日本スポーツ界の大きな課題となると思います。これが可能になれば、部活動など十分な知識を持つ指導者に恵まれないチームでも適切な練習をするためのアドバイスを提供できる可能性があります」と述べた。

○高齢者ケアにも対応して少子高齢化社会で活躍

現在、ONE TAP SPORTSはコンディショニング機能に特化した「ONE TAP Conditioning」、選手のけが・受傷の履歴を一括で管理する「ONE TAP Injury」といった周辺ソリューションも展開している。また、けがを予測したり、治療記録を残したりするだけでなく、リハビリの経過などを管理する機能を備え、この部分を利用して高齢者向けのデイケア施設での活用も今後は予定されている。高齢者の運動機能維持や回復は、多くのスポーツトレーナーが対応を開始している分野でもあり、スポーツ選手の能力向上を図る時と基本的には同じ考え方のシステムで対応できるという。

宮田氏は今後の国内スポーツ産業を踏まえ「現在、日本のスポーツ産業は5兆円規模ですが、今後は15兆円への拡大をスポーツ庁は掲げています。ONE TAP SPORTSによるデータ蓄積・分析により、これまで見えてこなかったものが見えるようになってきました。今後、スポーツの現場で、より迅速なデータ集計・分析が行えるようにすることで、指導者やトレーナーなどの業務を円滑にするお手伝いができればと考えています。それにより、チーム強化とひいてはスポーツ市場を拡大していく一助となりたい」と将来的な展望について意気込みを語った。

トレーニングやコンディションを整え、試合へ向けて状態をピークへ持っていく、ゲームやトレーニングでけがをしてしまった場合にはリハビリを行い、コンディションを戻す。通常時のサイクルと非常時のサイクル全体をカバーしているのがONE TAP SPORTSの魅力だ。少子高齢化社会の中、優秀な選手の発掘やけがのない育成、高齢者の運動能力維持の両面に貢献できるのも大きなポイントだろう。これまで指導者や選手の個人的な経験や忍耐、努力で支えられてきた日本のスポーツの現場が大きく変わる鍵になりそうだ。

(エースラッシュ)