Chromeキラーを探せ──その3:青田買いするなら、『Brave』

写真拡大

世界でもっとも使用されているブラウザー『Chrome』に別れを告げ、新たな出合いを求めるというなら、これからを期待させる『Brave』(ブレイヴ)をダウンロードしてみてはいかがだろうか。

「Chromeキラーを探せ──その3:青田買いするなら、『Brave』」の写真・リンク付きの記事はこちら

[この記事は、Chromeキラーを探せ──その2:プライヴァシーNo.1、『Opera』の続きです]

実際に『Brave』がどのような動作をするのか、多くを語るのは難しい。というのも、フルヴァージョンは今夏終わりまでリリースされない予定だからだ。

とはいえ理論上では、Braveはウェブのマネタイゼーションの仕組みを転覆させようとしているという。つまり、押しつけがましい広告をデフォルトでブロックし、関連性こそあれユーザートラッキングを行わない広告に置き換えるというのだ。

・お気に入り(になるであろう)ポイント

Braveの創業者ブレンダン・アイク(Mozillaを共同創設し、JavaScriptを開発した)は、他のスマートフォンブラウザーより2〜4倍高速に動作し、デスクトップブラウザーより50パーセント高速化がはかられると約束した。

順調にいけば、いまわれわれがしょうがなく付き合っているいやらしいユーザートラッキングよりも好ましい方法で、パブリッシャーやウェブサーヴィスをサポートできるかもしれない。

・物足りない(であろう)ポイント

すでにダウンロードはできる。が、見るべきものはあまりない。リリース時点で、想定されている機能が実際に搭載されるどうか、保証はない。

・こんな人は、乗り換えるべきだ

テクノロジーに、そしてビジネスモデルにも関心のあるアーリーアダプターであればトライしてもいいだろう

[その3、『Edge』に続く]