画像

写真拡大 (全2枚)

 ランサーズとマルケトが業務提携を行った。同連携により、クラウドソーシングを活用した、企業のマーケティングオートメーション導入・運用の支援を開始する。

 ランサーズとマルケトは、デジタルマーケティング領域において業務提携を行い、クラウドソーシングを活用した、企業のマーケティングオートメーション(以下、MA)導入・運用支援を行うことを発表した。

 同取り組みでは、MAシステム「Marketo」を利用する企業に対し、コンテンツ制作・運用支援によるリソース不足の解消・負荷を低減を行う。さらにランサーズの「Quant」による経験値の高いクリエイターのアサインとその効果の可視化により、マーケティング効果の最大化をサポートする。

 また、これら潜在層に対するコンテンツマーケティングの取り組みにより顕在化した顧客リードは、システム連携により「Marketo」にインポートされ、企業のサービス利用に向けたマーケティングオートメーションへ接続される。

 これにより、協業サービスを利用する企業は、リソース不足にとらわれることなく、マーケティングオートメーションの導入・活用が可能となる。

MarkeZine編集部[著]