転職の参考に! これから稼げそうな仕事8選 「高齢化なので●●ビジネス」ほか

写真拡大

不況と言われて久しい世の中ですが、なかにはその不況をよそに利益をあげている仕事もあるようです。その時代時代によって稼げる仕事はちがうのかもしれません。では、これからの時代稼げそうな仕事ってどんなものがあると思いますか? 理由と一緒に聞いてみました。

■インターネット関連

・「ユーチューバー。軌道に乗ればかなり稼げる」(35歳/その他/販売職・サービス系)

・「インターネットビジネス。国内だけではなく、全世界へ向けての発信が可能なため。」(27歳/情報・IT/営業職)

・「インターネットでのフリマアプリ。利用している人が増えているので。」(34歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

インターネットにかかわる仕事は、インターネットが普及し始めた頃と比べると随分増えていますよね。目のつけどころによっては、ますます稼げる可能性が広がる分野なのかもしれません。

■高齢者のための仕事

・「高齢者社会になるため、必然的に病院にくる患者が増えると思うので医者などの医療職」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「お墓ビジネス。埋葬の形式も多様化し、いろいろなニーズが出てきそうだから。」(32歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「介護関係の仕事。半分以上が高齢者の時代なので。」(27歳/医療・福祉/専門職)

医療や介護、そして葬儀やお墓など、高齢化によって必要とされる仕事に着目する人も多く見られました。65歳以上の人口の割合が全体の4分の1を超える今、欠かせない仕事ではありますよね。

■ロボット技術開発

・「AI化が進むので、それを作る人。プログラマー等」(32歳/建設・土木/営業職)

・「ロボットの開発、新薬の開発など、生活が豊かになるものや、将来への不安が取り除けるような仕事が稼げると思う」(35歳/その他/事務系専門職)

やはり最先端を行くロボット工学やIT技術開発に携わる仕事は稼げるイメージはありますよね。誰にでもできるわけではない、専門性の高さが「稼げる」仕事かどうかのひとつの目安かもしれません。

■まとめ

今、稼げていそうなネットや技術開発の仕事にしても、「こんなことできたらいいな」などたくさんの人の「困った」を解決してくれる斬新さがあるような気がします。つまり、「稼げる仕事」って、たくさんの人が求めていることを形にできる仕事なのかもしれませんね。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数200件(25歳〜35歳の働く女性)

(錦織寿恵/フォルサ)