夏を迎えると、ファッションも半袖やノースリーブが多くなりますね。腕見せや肩だしなど、ヘルシーでさり気ない色っぽさが演出できるスタイルが人気ですが、多くの女性が気にしている場所が……“ワキ”! わかる〜!! とうなずく人も多いのではないでしょうか。そこで、株式会社マンダムが実施した、女性のワキ事情に関するアンケートの結果をご紹介します。

人にワキを見られるのは嫌! でも他人のワキは……

まず、女性が普段、自分や他人のワキを意識しているか調査をしたところ、「自分のワキを見られることに抵抗がある」と答えた女性は、約9割という結果に。さらに、他人のワキを「見てしまう」という女性は、なんと7割以上いることがわかりました。
「見られるのはイヤだけど、他人のワキは見てしまう」という、女性のうらはらな心理が浮き彫りとなりました。

見られるのは嫌! でも人のは見ちゃう……。

そこで、自分のワキが気になるシチュエーションについても聞いてみました。

自分のワキが気になるのはどんな時ですか?
1位:ノースリーブを着たとき
2位:手を振ったり、挙げたりするとき
3位:つり革に掴まるとき
4位:高いところの物を取るとき
5位:遠くのものに手を伸ばすとき

ワキが見えやすいノースリーブを着たときが1位でした。流行中のノースリーブですが、約7割もの女性が着用しつつもワキを気にしているんですね。また、「誰からの視線が気になるか」を質問したところ、上位3位まで男性の目線が気になるという結果に。異性よりも男性、特に知らない人の目線のほうが、より気になっているということがわかりました。

続いて、ワキについての悩み上位5位まではこちら。どれも、見られたくない!と思う悩みなのではないでしょうか。

ワキの悩みはありますか?
1位:黒ずみ(45.1%)
2位:毛穴が目立つ(42.0%)
3位:埋没毛など処理しきれない毛の黒いブツブツ(26.5%)
4位:凹凸やザラつき(25.3%)
5位:汗が多い(20.3%)
5位:汗によるニオイ(20.3%)

毛や汗、ニオイなどの悩みよりも「黒ずみ」「毛穴」「ザラつき」など、肌質や肌状態に関するものが上位にランクイン。見た目や質感といったキレイさを気にする人が多いようです。ワキをキレイに見せる美ワキケアについては、7割を超える女性がカミソリや電気シェーバーなどで自宅ケアをしていることも明らかに。

自分でケアしている人が意外と多い!?

また、脱毛や除毛などのムダ毛ケア以外に、ワキをキレイに見せるためのケアをしている女性は、20代で約4割、40代でケアをしている女性は約15%と、世代によって「美ワキ」ケアへの意識に差があることもわかりました。

トレンドでもあり、涼しくもあるノースリーブで好きなコーディネートを楽しみたい反面、見られても大丈夫なワキをしているか……で揺れる女心。サロンでの脱毛が定着しつつありますが、まだまだ自宅でムダ毛の処理をする女性が多くいることもわかりましたね。さらに暑さが増す前に、しっかりとワキのケアをしておきましょう!

【参考】※ 株式会社マンダム