2015年に続き、16年も中国から日本を訪れる観光客の数が増加している。円高や中国経済の成長鈍化などを背景に爆買いの勢いはすでに失われつつあるが、それでも中国人訪日客の増加は日本経済にとっては歓迎すべきことだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 2015年に続き、16年も中国から日本を訪れる観光客の数が増加している。円高や中国経済の成長鈍化などを背景に爆買いの勢いはすでに失われつつあるが、それでも中国人訪日客の増加は日本経済にとっては歓迎すべきことだ。

 中国メディアの青網はこのほど、「中国人はなぜ日本行きを選ぶのか」と題して、多くの中国人を引き付ける日本の魅力に迫る記事を掲載した。

 まず記事は、中国人に人気のある日本の観光スポットは紹介。まず挙げたのは「東京」だ。東京タワーや美術館などの観光スポットや銀座などのショッピングエリア、美味しい食事を提供する居酒屋などが中国人を引き付けていることを指摘。多種多様な日本文化が集まっていることが魅力であると論じている。

 さらに、奈良や京都などの古都、大阪や福岡、札幌、沖縄などの日本各地の名所やテーマパーク、美しい景色などを多くの写真と共に紹介。奈良や京都は日本古来の文化が残っていること、大阪では美味しい食べ物を堪能できる点が魅力であると伝えている。

 記事は多くの写真を掲載しているが、その多くが青空のもとでの写真であることが印象的だ。中国の多くの都市では、青空を見ることすらままならない。大気汚染が深刻化しているためだ。文化だけでなく、日本の美しい桜や透明度の高い海などの「自然」も中国人を引き付けるのも頷ける。

 また、外務省が中国人のビザ免除を考慮していると伝えている。実現すれば今まで以上に中国人観光客が日本を訪れることだろう。2016年1-5月の5カ月間における訪日中国人数は約250万人に達し、伸び率は前年比45.3%だった。同時期に韓国からの観光客は約200万人。人口比を考えれば、中国人観光客はまだまだ増加するはずだ。

 中国人観光客が大勢訪れれば、日本は大きな経済効果が期待できる。しかし同時に観光客によるトラブルなども増加する事も容易に予測される。多くの観光客を受け入れることができるように、政府や企業が一丸となって環境整備を行う必要があるが、同時に中国人に対するマナー啓発も必要だろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)