意外と知らない無痛分娩のこと

写真拡大

最近、日本でも選択されることが多くなった「無痛分娩」。無痛分娩というのは、背中から細くやわらかい管を通し、その管から麻酔薬を注入させることで陣痛の痛みを和らげる分娩方法です。分娩するときの痛みは、自然分娩と比べると半分以下とも言われています。そんな無痛分娩のメリット・デメリットをまとめてみました。

■ 無痛分娩のメッリット

◎ 痛みが少なくなる

無痛分娩の最大のメリットはやはり、分娩時の痛みが少なくなるという点です。硬膜外麻酔をする場合が特に効果的です。もちろん、痛みの度合いは人それぞれですが、自然分娩よりも痛みが軽減されるということは間違いありません。陣痛の激しい痛みに耐えるためには、全身にかなりの力が入ってしまうものです。陣痛の痛みは、何時間続くものかわかりません。しかし、ずっと耐え続けるしかないので、かなりの体力を消耗してしまいます。しかし、無痛分娩であれば痛みが軽減されるので、疲労が少なくてすみます。産後は入院中から赤ちゃんのお世話をする産院もありますし、退院してからは、昼夜を問わず常に赤ちゃんのお世話に追われます。なので、少しでも産後の回復は早いほうがいいですよね。無痛分娩は産後の疲労が少ないため、産後の回復も早い人が多いようです。

◎ 赤ちゃんにしっかりと酸素を送ることができる

陣痛中に痛みが強いと、しっかりと呼吸ができず、赤ちゃんに送られる酸素の量が減ってしまいます。無痛分娩の場合は自然分娩と比べると陣痛の痛みが半分以下と言われているので、陣痛中であっても落ち着いてしっかりと呼吸ができるため、赤ちゃんにも、しっかりと酸素を送ることができます。心臓や肺など、呼吸器系に不安のある妊婦さんや、妊娠高血圧症候群の妊婦さんには、無痛分娩がオススメです。呼吸器系に不安のある場合は、陣痛の強い痛みでパニックになり呼吸が浅くなって発作が起き、赤ちゃんに十分な酸素が送られなくなる危険もあります。妊娠高血圧症候群になってしまうと、赤ちゃんへの血流が減ってしまいます。さらに陣痛中には、カテコラミンという血管を細くする物質が増えるので、赤ちゃんにしっかりと酸素が送られないということになってしまいます。以上のことをふまえて、呼吸器系に不安のある妊婦さんや、妊娠高血圧症候群の妊婦さんには、無痛分娩がオススメです。

◎ 計画的に出産できる

日本ではほとんどの産院が、無痛分娩は予約制にしています。それは、麻酔科医が日中しかいない場合が多いからです。自然分娩であれば、陣痛が始まるのを待って、それから出産という流れですが、無痛分娩の場合は帝王切開と同じで、計画的に日にちを決めて陣痛誘発剤、陣痛促進剤を使って、陣痛を促し、出産をします。事前に出産する日がわかっていると、「陣痛はいつ始まるのだろう」という不安や恐怖と闘う必要がなくなり、リラックスして生活することができます。また、赤ちゃんのお父さんも、出産の日にちがわかっていたら休みをとりやすく、初めから出産に立ち会うことができます。上の子供がいる場合にも、預け先や幼稚園、保育園にも計画的に連絡ができるので、不安がありません。

■ 無痛分娩のデメリット

◎ お産の進み方が悪い場合がある

無痛分娩では陣痛の痛みを和らげるために、麻酔を使います。麻酔を使うことで、どうしても子宮の収縮が弱くなってしまいます。また、自然分娩では痛みが強いからこそお母さんのいきむ力も強くなるのですが、無痛分娩だと痛みが和らいでしまっていることと、下半身に力が入りにくいことからいきむ力も弱くなります。なので、お産がなかなか進まないということがあるのです。

◎ 吸引分娩・鉗子分娩の可能性が上がる

無痛分娩によって陣痛の痛みが和らぐと同時に、いきみも弱くなってしまいます。自然分娩の場合は、子宮口が最大の10センチになってしまうと、いきみを我慢することもできないくらいの強いいきみがきます。この強いいきみがあるおかげで、赤ちゃんを産むことができるのですが、無痛分娩の場合はこのいきみが非常に弱いです。なので、お母さんはいきみ方がわからず、赤ちゃんもなかなか降りてきてくれません。そういった場合には吸引分娩や鉗子分娩といった処置が行われます。吸引分娩とは、まず、シリコンや金属製のカップを赤ちゃんの頭につけます。そして、圧をかけて吸引をして赤ちゃんを引っ張り出す方法です。鉗子分娩というのは、トングのような鉗子という器具を使って行います。赤ちゃんの頭を器具で挟んで引っ張り出します。吸引の場合は赤ちゃんの頭にこぶのようなものができたり、赤ちゃんの頭が長くなってしまうことがあります。鉗子分娩の場合は、赤ちゃんの頭を挟んだ部分に痕が残ることがあります。しかし、どちらも産後2〜3日程で自然に治るものなので、心配はいりません。もちろん、脳に障害が残ることもありません。

■ おわりに

無痛分娩のメリット、デメリットについて紹介しました。無痛分娩の痛みは、自然分娩の半分以下といいますが、もちろん個人差があります。ほとんど痛みを感じなかったという人もいれば、自然分娩と同じくらい痛かったという人もいます。必ず無痛というわけではありません。無痛分娩のメリット、デメリットをふまえた上で、しっかりと判断してくださいね。

(著:nanapiユーザー・いかくん 編集:nanapi編集部)