お肉にもお魚にもしっくり「かぼちゃのケチャップ」がおいしい

写真拡大

どの家庭にもだいたい冷蔵庫に入っているトマトケチャップ。少量とはいえオムライスやハンバーグ、ナポリタンなどにもよく使います。でもケチャップって、塩分も糖分も意外としっかり入っているもの。もう少しヘルシーにできないかなと思ったら、ちょっと変わったケチャップを試してみるのはいかがでしょうか。ケチャップにするのは「かぼちゃ」。その作り方をご紹介します。
かぼちゃのケチャップの作り方

〈材料〉
・かぼちゃのピュレー(かぼちゃはあらかじめ火をとおし、マッシュしておく) 500g・果汁100%オレンジジュース 200ml・お酢 150ml(マイルドなもの。みりん、もしくはリンゴ酢でも可)・カレー粉 小さじ1/2・パプリカパウダー 小さじ1/2・カイエン・ペッパー 2つまみ・チリパウダー 2つまみ・カルダモンパウダー 2つまみ・キャラウェイ 2つまみ・コショウ 2つまみ・塩 4つまみ・トマトペースト 50g・ライスシロップ 100g・水 適量
〈作り方〉
・すべての材料をお鍋に入れ、強火で火を入れる。徐々にダマになってくるので、お水を適量足しながら様子を見る。沸騰したら弱火にし(中身が飛び散るので、ずっとかき混ぜながら様子をみること)、フタを半分ほどして30分ほど煮詰め、とろみをつける。
・火からおろし、すぐに消毒してあるグラスに中身をきっちり詰め、熱いうちにフタをして逆さにする(保存するため)。冷めたらできあがり。3か月ほど保存がきく(一度フタを開けたら冷蔵庫で保存)
(「kochtrotz」より引用翻訳)

現在ドイツにて、おいしくヘルシーな「ケチャップかわりのなにか」を探していた親たちが、飛びついて作っている「かぼちゃのケチャップ」。作り方もシンプルで、味も栄養素もばっちり、お肉にとっても合うんです(豚肉のビタミンB2に緑黄色野菜は効果的食べ合わせ)。これからの季節にとびきりおいしいのが、グリルした野菜や魚につけて食べる方法。個人的にはカリッとトーストしたバゲットにつけると、やみつきになってしまいます。辛いものが苦手な人や子ども用には、チリ抜いてもおいしく仕上がります。
[kochtrotz]
photo by Thinkstock/Getty Images

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。