3日、モデルで女優のアンジェラベイビーを「ご指名」した富豪男性が、2年過ぎても彼女と会えないことに業を煮やし、仲介業者に損害賠償を求める訴えを起こした。写真はアンジェラベイビー。

写真拡大

2016年7月3日、モデルで女優のアンジェラベイビー(楊穎)を「ご指名」した富豪男性が、2年過ぎても彼女と会えないことに業を煮やし、仲介業者に損害賠償を求める訴えを起こした。新浪が伝えた。

【その他の写真】

オーストラリアの日刊紙デイリー・テレグラフによると、中国出身の富豪男性・徐宇(シュイ・ユー)氏は14年8月、仲介業者に370万オーストラリアドル(約2億8000万円)を支払い、アンジェラベイビーをはじめ、米女優ミーガン・フォックス、人気モデルのキャンディス・スワンポールと会えるようセッティングを依頼。さらにVIP会員となるため、2万4000オーストラリアドル(約180万円)を別に支払った。仲介業者側は「著名な女性タレントを提供し、性的サービスも行う」と約束していたという。

しかし約2年が経過しても実現しないため、男性は仲介業者を相手に、支払った分の全額返還だけでなく、約372万オーストラリアドル(約2億8500万円)の損害賠償を求める訴訟を起こしたことが明らかに。この報道にアンジェラベイビー側では「ありえない話。場合によっては法的措置も検討する」と回答している。(翻訳・編集/Mathilda)