2位満員電車の中…よりも!「他人の汗が気になる」瞬間、圧勝の1位は

写真拡大

もうじき、本格的な夏の到来ですが、気温上昇とともに、より汗をかきやすくなってきますよね。

汗といえば、多汗、ワキ汗、臭い……と気になる点がてんこ盛り。自分自身の汗はどうなのか? はたまた、他人の汗も気になってしまう時期ですよね?

そこで『WooRis』では、女性500名に「他人の汗が気になるのはどんな時ですか?(複数回答可)」というアンケートを独自に実施してみました。一体、みんなはどういったシーンで他人の汗が気になるのでしょうか? 自分も該当していないか、早速、チェックしてみましょう。

 

■ワースト4位:ワキに汗染みができているのを見た時(34.6%)

34.6%の方が支持し、4位となったのが“ワキに汗染みができているのを見た時”でした。手を挙げた瞬間に、ワキの部分だけ色が変わっている……「あ、汗染み!」と、目ざとく見ている人が3割を超えているということに。

気温が上昇し、汗ばむ季節は、顔や全身に汗をかくもの。ワキも例外ではありません。暑い夏に汗をかくのは健康な証拠ですから、汗染みができるのはそれほど不自然なことではないと思います。

とはいえ、ワキの汗染みは“恥ずかしい”“臭そう”などと、ネガティブなイメージが少しついているかもしれません。

それはさておき、ワキ汗は決して人ごとではないので、自分自身も対策をとるようにしたいところ。対策としては、袖の部分がゆったりとした洋服を着る、汗の目立たない色の洋服を着る、ピッタリとした服を着る場合には“脇汗パッド”をするなどがあります。

 

■ワースト3位:小太りの人が汗をかいているのを見た時(36.2%)

36.2%の方が支持し、3位となったのが“小太りの人が汗をかいているのを見た時”となりました! ビジュアル面で訴えてくるものがあるため、気になる方も多めですね。

実際のところ、「肥満者は汗をかきやすい」というのが事実としてあるようです。普段から体を動かしていないため、少し動いただけでも汗を大量にかいてしまうとか。しかも、普通の体型の人より、臭いが強い汗をかきやすいんだそうです。

こちらも決して人ごとではありません。汗の臭いや多汗を予防するためにも、適度な運動、正しい食習慣を心がけるようにしましょう。

 

■ワースト2位:満員電車や混んでいるバスに乗った時(37.6%)

つづいて37.6%の方が支持し、2位となったのが“満員電車や混んでいるバスに乗った時”。イヤでも他人と至近距離になるため、汗をかいている人がそばにいたら、汗がつかないか? と気が気ではないことでしょう。

また、電車やバスといった、ある意味、密室の空間。臭いも気になるところです。アンケートでは、「夏の電車がとくにキツイ」「人と人が密着している時の汗による体臭が嫌」などといった声が挙がってきました。

 

■ワースト1位:臭いが漂ってきた時(46.4%)

およそ2人に1人の方が支持し、堂々のワースト1位となったのが“臭いが漂ってきた時”でした! 3、4位はビジュアルに訴えてくるものでしたが、1位は嗅覚を刺激するものですね。

すれ違いざまに「ぷ〜ん」と臭いがした、あるいは、2位のように満員電車など密室空間で臭いが漂ってきた……こういったケースは日常で遭遇する率も高いかもしれません。

アンケート結果のとおり、他人の臭いに敏感な方は少なくありませんが、自分の汗の臭いはどうでしょうか? 案外、自分の臭いには気づきにくいため、注意したいポイントです。

汗の臭い対策としては、汗をこまめに拭く、ムダ毛の処理をきちんとする、体臭をきつくする食べ物(肉類、卵、ニラ、にんにく等)を食べ過ぎないなどがあります。

ワキガ体質でなかったとしても、ワキには臭いのする汗をつくるアポクリン腺が誰にもあります。不潔な状態にしていれば、汗がクサくなる可能性大ですので、いつも清潔にしておきましょう。

 

■番外編

ランキング形式で4位から1位までお伝えしました。参考までに、同調査の5位以下もあわせてご紹介します。

5位:額にたくさん汗をかいているのを見た時(17.6%)

6位:エレベーターに乗っている時(16.0%)

7位:ジムで運動をしている時(8.6%)

8位:会社の更衣室で着替えている時(7.8%)

 

いかがでしたか?

夏は、他人の汗が気になると同時に、自分の汗も気になるもの。場合によっては気づかないうちに、スメハラの加害者になりうることもあります。人の振り見て我が振り直せで、しっかり対策をとるようにしましょう!

(ライター 大宮つる)

 

【関連記事】

※ 医師が教える「ニオイの原因」最もケアすべきは衣服と判明

※ 大豆や豆腐が良い?ダラダラ止まらない汗をおさえる食事法

※ ゲッ…体臭キツ子になってない?あなたの「汗をクサくする」NG行動4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ その「顔汗」、止められるんです!91%が効果を実感した話題のアイテム

※ 最新のBBクリームは「エイジングケア」もできるらしい

※ 忙しいママ向けの「幻の美容液」を知っていますか?

 

【姉妹サイト】

※ オバ顔まっしぐら!? 若作り認定される「間違いだらけのメイク」3つ

※ 1日6食!間食しながら「夏までにスルッと痩せる」ダイエット方法6つ

 

【画像】

※ pathdoc / Shutterstock