バレバレ!上司や部下に抱く「絶対に言えないホンネ」が検索結果で発覚

写真拡大

オフィスの人間関係って、毎日顔を合わせているからこそ好意を抱いたり憎悪を感じたりするものではないでしょうか。

でも、職場の人間関係において“本当のトコロ”をさらけ出すひとは少ないですし、同僚が上司や部下をホンネでどう思っているのか……、気になりますよね?

人間の感情は複雑なので、外ヅラはニコニコでも、内心では「このひと苦手!」って思われている可能性だって否めません。

このたび、Faber Companyが行った調査によって、多くのひとが密かに抱く“上司”や“部下”への赤裸々なホンネが明らかになっています。

そこで今回は、同調査をもとに知られざるオフィスの人間模様の実態についてご紹介していきましょう。

同僚のホンネが、バレバレです!

■社会人のホンネは“副業がバレるのが怖い”!?

同社が、Webマーケティングツール『MIERUCA(ミエルカ)』を使用して、「社会人」というキーワードについてGoogle検索の傾向を分析したところ、人間関係への赤裸々なホンネが浮き彫りになっているそう。

ちなみに、「会社員」という言葉で目立ったのが、「副業」関連のキーワードで、マイナンバーで副業バレの危機を感じ、調べた人も多い様子が読み取れるのだとか。

一方、「正社員」というワードでも「副業 バレない」のほか、「正社員 バックレ」が人気だそうで、検索上位は「正社員のバックレ体験談」などが挙げられるのだそうです。

このように、検索に使用したキーワードからその言葉に関連するホンネを読み取ることも可能な模様。

イマドキの社会人たちは“副業”にまつわる情報を必死に検索している様子がうかがえますよね。

では、人間関係についてはどうなのでしょうか。

■上司はストレスやウザさを抱く対象でしかない!?

そこで、「上司」というキーワードで見てみると、「ストレス」や「うざい」という言葉と組み合わせて検索している傾向が読み取れたのだとか。

“上司”という存在は、多くの社会人にとってストレスの源だったり、年代や立場の違いから“うっとおしさ”を抱く対象になっている実情が読み取れる結果なんです。

“上司”というだけでウザがられているパターンもありそうですけれども、あなたご自身の感覚としてはいかがですか?

また、自分が“上司”の立場にある場合、ちょっとショッキングな結果でもありますよね。

では、部下についてはどんなホンネが隠されているのでしょうか!?

■部下は恋愛対象になっている赤裸々な現実が発覚!?

そこで、「部下」に関連して検索されているワードを見てみると、驚くことに「好き」や「誘いたい」という言葉とともに検索されている傾向があるのだとか……!

どうやら、部下のことを恋愛対象として見ているひとが意外と多いという実情が読み取れるんです!

同調査では、上司が部下を“恋愛対象”として見ている傾向に対し、部下は上司を“ストレスの元”と感じていると指摘しています。

この結果を見てみると、上司から部下への片思いなラブもあちらこちらのオフィスで存在していそうですよね。

ちなみに、「部下 好き」のあとに「独身」「きっかけ」「諦める」「年の差」「辛い」などなど、切ないラブ模様を想像できるワードも続いていました。

あなたは、部下を恋愛対象として見たことがありますか? 「今、まさしくオフィスで片思いラブをしている!」というひともいるかもしれませんね!

以上、知られざるオフィスの人間模様の実態についてご紹介しましたが、いかがですか?

“検索”って人知れずに行うものだからこそ、普段は表に出さないホンネが浮き彫りになる傾向にありそう。

それにしても、「上司」というワードからは精神的な負担が読み取れる反面、「部下」というキーワードからは切ないラブ事情が浮き彫りになるなんて、驚きですよね。なんだか、一方通行の恋があちらこちらに溢れていそう。

あなたのホンネと比較して、いかがでしたでしょうか……?