Chromeキラーを探せ──その1:カスタマイズの雄、『Vivaldi』

写真拡大

あなたはどのブラウザーを使っているだろうか? ブラウザーは、何も『Chrome』『Firefox』だけではない。世間の多くが気づいていない、4つのブラウザーを1つずつ紹介する。まずは『Vivaldi』(ヴィヴァルディ)の登場だ。

「Chromeキラーを探せ──その1:カスタマイズの雄、『Vivaldi』」の写真・リンク付きの記事はこちら

確かに『Chrome』は素晴らしいブラウザーだ。機能満載で、面白いエクステションも豊富、マルチプラットフォームのデジタルライフにうってつけだ。

しかし、そのリソースへの果てしない欲望はあなたのラップトップの調子を悪くしているかもしれないし、グーグル謹製ゆえにプライヴァシー面を不安に思っているかもしれない。あるいは、(Mac版ローンチが2009年だったから)「7年目の浮気」、といきたい気分なのかもしれない。

そんなあなたに、いい知らせがある。Chromeがなくても代わりはたくさんある。

Chromeだけのこんな世の中じゃ

「ブラウザー戦争」は、基本的には終結を迎えたともいわれている。調査サーヴィス・StatCounterの分析によれば、世界中のデスクトップユーザの60パーセントはChromeに依存していて、『Internet Explore』と『Firefox』がそれぞれ15パーセントずつ、残りの4パーセントは『Safari』だということだ。その他のブラウザーには、ほとんど居場所がない。

しかし、これは恥ずべきことだ! 特に、『Vivaldi』『Opera』『Brave』そして『Edge』という4つのブラウザーは、いずれもまったく新しい機能を提供してくれる。少なくとも、ブラウザーが何を提供すべきで何を提供すべきでないかを、考えさせてくれるのだ。

『WIRED.jp』では、それら4つのブラウザーの特徴を紹介していきたい。

Chromeキラーブラウザーその1:Vivaldi(ヴィヴァルディ)

Print

Vivaldiは、誕生からわずか数カ月のブラウザーだ。かつて『Opera』開発に携わっていたチームが手がけた。

その特徴は、カスタマイズ性にある。Vivaldiを立ち上げると、6種類のレイアウトオプション、4種類のタブバーの位置、スタートページの8種類の背景イメージを選ぶことになる。

・お気に入りポイント

いたるところを「マイクロマネジメント」できる。キーボードショートカットをカスタマイズしたい? どうぞどうぞ! 画像ダウンロードはしたくない? 了解! タブをまとめてグループにスタックしてあるクラスタをレヴューしたいときに表示方法を変更したい? オーケー、ぶっ飛んでるね、そういうの好きだよ。

Vivaldiは、もっといろいろ、できる。Chromeと同じエンジン「Blink」上で開発されており、ページのレンダリングはまったく同じだ。ただし、その選択肢はさまざまだ!

・物足りないポイント

細かな、しかし手間のかかる作業が圧倒的に増えるかもしれない。特に「好みのタブに行こうとする場合」がそうだ。また、Chrome拡張機能の大半はVivaldiでも動作するが、なかには動作しないものもある。あたかも「ミニ地雷原」といったところだ。デフォルトの検索エンジンが「Bing」なのも気になる(ただし、変更は簡単だが)。いまのところ、モバイル版はまだない。

・こんな人は、乗り換えるべきだ

あなたにとって、ブラウザーに求める究極のポイントは下記のどちらだろうか?

A)ジェームズ・レブホーンのIMDbページをさりげなく閲覧している間に、背景に溶け込んでしまうような感覚。
B)すべてを、強迫観念になるほど、あらゆる手段で、自分の好きな方法になるまで、いろいろいじくれること。

Bと回答したなら、Vivaldiをダウンロードしてほしい。

[残りのブラウザーは、7月5日以降、順次紹介する。]