玉山国家公園提供

写真拡大

(南投 4日 中央社)玉山国家公園にある塔塔加鞍部(南投県)で、アサギマダラやルリマダラ属の渡りチョウが大量に飛来中だ。大空を自由にヒラヒラと舞い、訪れる人の目を楽しませている。

同公園内では塔塔加鞍部のほか、梅山(高雄市)、南安(花蓮県)などで合わせて11科282種類のチョウが見られる。同公園の管理処によると、チョウは5月から8月にかけて大量に飛来するという。

6〜7月は午前10時からの1時間に活動が活発化。マナーを守った観賞を呼びかけている。

(蕭博陽/編集:齊藤啓介)