土居美咲は試合で負けたあと、目をはらすほどに泣くのだと、彼女を知る人たちからよく聞いた。

「たしかに以前は、負けたらとりあえず泣きはらす......みたいな時期もありました」

 土居本人も、周囲のそのような声を否定しなかった。

 ならば、2年前のウインブルドン2回戦でエカテリーナ・マカロワ(ロシア)に敗れた後も、彼女はひとしきり泣きはらしたのだろうか?

「何かを変えたい。今までとは別の側面から、試合に生かせる何かを加えたい......」

 そう切望した土居は、この2年前のウインブルドンの直後から、メンタルコーチに師事するようになる。何人かの候補者を経た末に、最終的にはフェンシング日本代表やプロゴルファーの指導経験を持つ、メンタルコーチの安宮(やすみや)仁美に白羽の矢を立てた。

「自信が欲しい、精神的な粘り強さが欲しい」

 安宮との最初のミーティングで、土居は、そう訴えていたという。当時の土居は、プロ6年目の23歳。彼女は20歳のときにウインブルドンで3回戦まで勝ち上がり、テニス関係者たちの注視と期待を集めていた。その後もツアー大会で幾度もベスト4に入るなど、上位勢を破る力も示していた。

 しかし、ランキング50位前後の選手を破ったかと思えば、200位台の選手に敗れることもある。トップ選手に善戦しながら、勝負を分ける重要なポイントを逃す悔しい敗戦も重ねてきた。サウスポーから繰り出すフォアの強打に代表される、高いポテンシャルは疑いの余地がない。だがどうしても、自身ランキング100位前後の殻を打ち破ることもできない。

「プレーにムラがある」「メンタルが弱い」

 いつからか土居には、そのようなレッテルが貼られるようになっていた。

 だからこそ彼女は、"自分を信じる力"を渇望するようになる。

「今でもそうですが、テニスの試合のなかでは、自信が大きな部分を占めていると思っている。負けが込むと自信はなくなるので......たぶんそのときは、一番そこが欲しかったのかな?」

 安宮の門を叩いた2年前の自分を懐かしむかのように、今の土居は、そう言った。

 メンタルを鍛える――。言葉にするのは簡単だが、その実態は難しい。何しろ「精神」という、目に見えないものを相手にするのだ。一朝一夕に成果が出るわけでもない。

 しかしその本質は、「反復練習による強化」だと、安宮も土居も口をそろえる。

 集中力を高め、ポジティブな精神状態へと気持ちをスムーズに移行させる――。そのために時には、パネルやカードなども用いながら、心をコントロールする術を繰り返し練習した。試合や特定のプレーのイメージトレーニングも、効果的なパフォーマンス向上の鍛錬だ。

 また、特定の所作と精神状態をリンクさせる「アンカリング」と呼ばれる手法も、土居が取り組んできたものである。これは、特定の肉体的な動きを、望む精神状態に入るための"スイッチ"にする試みだ。

「スイッチになる行動は、なんでもいいんですよ、自分にあっていれば」

 土居が説明する。

「たとえば、ガッツポーズをスイッチにすると決めたら、拳をグッと握ると集中力が上がるような状況を、トレーニングで作り上げるんです。アクションと精神状態が連動するようにする。動作をやって集中力を上げ、そしてまた集中力を落として......という練習を繰り返して、動きがスイッチになるように取り組んできました」

 今回のウインブルドンでも、土居の"スイッチ"は幾度も発動されていた。

 何かを変えたいと望み、メンタルコーチに師事するようになってから、2年――。ウインブルドンで初のグランドスラム・ベスト16に勝ち進んだ土居は、すべての試合で、心の成長を示してきた。

 初戦は、20歳の対戦相手のこわばる心の内を見透かして、立ち上がりから集中力を上げて引き離した。

 2回戦では、サーブと強打自慢の第15シード相手に、タイブレークの末に第1セットを奪取。「どちらに転ぶかわからないタイブレークを取ったことで、相手の動揺も感じた」という土居は、第2セット最初のゲームをいきなりブレークし、試合の主導権を手元に収めた。

 3回戦も、2回戦のVTRを見るかのような展開。やはり強打と高速サーブを武器とする相手に、第1セットをタイブレークの末に取り切り、第2セットで突き放す。特に第1セットでは、6本のセットポイントをしのぐ勝負強さを発揮した。

「あのゲームがカギだった。食らいついてタイブレークに持ちこんだことで、相手のほうが焦りが出た」

 さらにこの日は、断続的に降る雨のため、土居が流れを掴んだタイミングで、試合は2度までも短い中断を挟む。

「ずっと気持ちをキープしていたので、試合が終わった後はメンタルが、『あ〜、終わった〜』という感じでした」

 安堵の声に、誇らしげな響きを乗せて土居は笑った。

 初めて達した、グランドスラムのベスト16――。しかし勝利の瞬間も、土居は「まだ試合は続くので」と、嬉しさや満足感をさほど見せることはなかった。

 そんな土居が「ベスト8」をかけて相対するのが、今季の全豪オープン優勝者のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)というのも、よくできたシナリオだ。何しろケルバーは、土居が全豪の1回戦で対戦し、マッチポイントまで追い詰めていた相手。敗戦後に帰国し、決勝戦の模様をテレビで見ていた土居は、ケルバーが優勝スピーチで、「私は初戦でマッチポイントまで追い詰められ、帰国の飛行機に片足が乗っていた」と語るさまを見ながら、胸が熱い感情で満たされるのを感じていた。

「彼女の優勝には勇気をもらえたし、自分もできるのではと思わせてもらった。対戦したときは、自分の実力以上のパフォーマンスで競ったとは感じなかったので、まだまだチャンスがあるのではと思います」

 この2年ほど、土居は敗れた試合の後も、以前のように激情に任せ、泣きはらすことはなくなったという。敗戦を分析し、悔いのなかからも何かを持ち帰る大人のプレーヤーになった彼女が、その成果を見せる格好の舞台が整った。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki