史上最大の金融スキャンダル「パナマ文書」はこうして暴かれた──2人の独紙記者の告白

写真拡大

パナマの法律事務所から流出した世界各国の脱税者リスト、通称「パナマ文書」。史上最大級の金融スキャンダルを暴いた告発者から連絡を受けた2人のドイツ人記者がいま語る、事件の内幕。告発者へ馳せる想い。

「史上最大の金融スキャンダル「パナマ文書」はこうして暴かれた──2人の独紙記者の告白」の写真・リンク付きの記事はこちら

匿名の、1通のメッセージが、世界中の政界・経済界のエリートたちを揺るがすことになるのは、そうあることではない。バスティアン・オーバーマイヤーに送られたのは、そんなメッセージだった。

『Süddeutsche Zeitung』(以下、南ドイツ新聞)で調査報道を行う記者である彼が受け取ったメッセージは、差出人が「ジョン・ドウ」(訴訟などで使われる男性の仮名)となっていた。彼こそが、パナマ文書を明らかにした匿名の内部告発者である。

アイスランドでは首相が辞職。オーストラリアでは800社を調査中。英国では64社が追求されている。「プーチンフォビア(恐怖症)」なる言葉がつくられ、オバマ大統領が税金システムの世界的な変革を呼びかけるまでに発展した事件だ。

「最初は、それほど大きなニュースだとは思っていませんでした」と、38歳のバスティアンは『WIRED』UK版に語る。情報源から接触があり、文書が送られてくると、バスティアンは南ドイツ新聞の同僚である32歳のフレデリック・オーバーマイヤーと落ち合い、ミュンヘンのうらぶれたギリシャレストランでウーゾ(ギリシャのリキュール)を飲んだ。

世界のリーダーたちを巻き込んだ大報道から数カ月。2人は、調査の内幕を1冊の書籍『The Panama Papers: Breaking the Story of How the Rich & Powerful Hide Their Money』にまとめた。この本によれば、匿名の密告者ドウ氏は、データにして2.6テラバイトある1,150万件の書類を公表した理由を「蔓延している巨大な腐敗を止めるため」だと述べている。

しかしその動機は、法執行機関によるドウ氏の捜査を止める理由にはならないようだ。スイス当局は6月15日(現地時間)、パナマ文書が漏洩した法律事務所「モサック・フォンセカ」の職員を、「機密情報を盗んだ」疑いで逮捕している。

だが、2人のジャーナリストによれば、逮捕された人物はドウ氏ではないという。

フレデリックは、ドウ氏のように公益のために行動する内部告発者は、世界中で、法律によってもっと保護されるべきだと考えている。秘密を暴露する行為が保護されなければ、告発する者は少なくなってしまうだろう。

フレデリックは言う。「各国政府が新しく法律をつくり、悪事を目撃してそれを止めようとする人が(安全に)通報できるようにする方法を模索しなければなりません。誰であれ、内部告発によって逮捕・起訴されることがあってはいけないのです」

panama02

トークショーに出演するフレデリック・オーバーマイヤー(左)。PHOTO: NORDISKE MEDIEDAGER (CC BY-SA 2.0)

脱税の内部告発者が、法執行当局によって起訴された先例がある。ルクセンブルクで6月29日(現地時間)、プライスウォーターハウスクーパース(世界4大会計事務所のひとつ)の従業員だったアントワーヌ・デルトゥールに対して、窃盗罪の有罪判決が下された。物議を醸した租税の取り決めについて情報を漏洩したという理由で、検察当局と元の雇用主がデルトゥールを訴えていたのだ。ただし、執行猶予により、デルトゥールは刑務所入りを回避している。

デルトゥールはこの判決について、「市民の情報に対しても、適切な民主主義に対しても有害です」と述べ、上訴することを明かした。

今回のパナマ文書の件において、ドウ氏の身元が発覚するとどうなるのかははっきりしていないが、ドウ氏自身も「正当な内部告発者」は保護されるべきだと主張している。「わたしは…可能な範囲で法執行当局に協力したい」。彼は、先述の書籍のなかでそう述べている。

南ドイツ新聞の2人の記者は、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)と世界中の記者の協力を得るためにドウ氏の話を伝える前に、彼が正当な告発をしていることを徹底的に確認した。

「われわれは検証を重ねました」とバスティアンは言う。2人は情報源との信頼関係を構築する一方で、ほかの情報源、公的記録、それまでの漏洩や裁判所の文書などを調べ、ドウ氏の文書の信憑性を確認した。何度も試みた結果、「不自然な点はひとつも見つかりませんでした」。

RELATED

本物だったパナマ文書、それに続く脱税者の発覚、行動と変革のための約束が世界中で行われたにもかかわらず、2人はいまだに現実主義を貫く。「タックスヘイヴンに立ち向かう最も効果的な行動は、世界規模で登録簿を構築し、ペーパーカンパニーの本当の所有者を明らかにすることだとわれわれは考えています」と2人は言う。

パナマ文書が暴露されても、実際には有効な対応策はほとんど取られておらず、問題解決までの道程は長い、と彼らはその著書で書いている。「甘く考えてはいません。パナマ文書によってタックスヘイヴンが終わることはないでしょう。しかし将来、タックスヘイヴンにお金を隠すのは、これまでのように簡単ではなくなるはずです」とフレデリックは言う。

バスティアン・オーバーマイヤーとフレデリック・オーバーマイヤーの共著『The Panama Papers』は現在発売中。