Doctors Me(ドクターズミー)- 「最近生理痛がひどいの」「それって子宮内膜症かもよ?」

写真拡大

子宮内膜症は、女性の10人に1人がかかるといわれており、近年患者数も増えてきています。子宮内膜症の症状を知り、自分にあてはまるものがないかチェックしましょう。

子宮内膜症とはどのような病気ですか?

子宮内膜症は女性特有の病気の一つで、月経周期の月経期に、子宮内膜(子宮の内側をおおっている膜)が、子宮以外の場所にできてしまう病気です。

まず、月経周期は以下のような流れになります。

【増殖期】
子宮内膜は月経の毎周期ごとに剥がれ落ちる組織で、女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の作用で、排卵までの間に子宮の内膜が分厚く増殖していき、受精卵を受け入れる準備をします。

【分泌期】
排卵が起こったあとの約2週間は、もうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)も分泌されて、子宮がいつでも受精卵の着床をできるように、子宮内膜が成熟していきます。

【月経期】
受精が起こらないと、子宮内膜は自然と剥がれ落ちます。この子宮内膜は血流が豊富ですので、月経時には出血も同時に起こります。

月経期に子宮内膜が剥がれ落ちるという本来子宮で起こっている現象が、異常に子宮内膜ができてしまった子宮以外の場所でも起こってしまい、下腹部痛などさまざまな症状が出ます。

子宮内膜症に腹痛以外の症状はありますか?

子宮内膜に似た組織ができる場所は、以下のようにさまざまです。

・卵巣
・大腸
・ダグラス窩(子宮と直腸とではさまれるお腹の中のくぼみ)
・膣
・膀胱

といった特に骨盤の中の臓器にできることが多いです。

これらの異常な場所にできてしまう子宮内膜に似た組織も、月経周期に合わせて内膜がはがれ落ち、出血が起こります。
子宮で起こると月経として内膜の組織や出血が外に出ることができますが、異常な場所で起こった場合には、体の外に出ることができず体内にたまってしまいます。そのため、周りの臓器とくっついてしまい下腹部の痛みがおこったり、不妊の原因になります。

また、卵巣の中に出血がたまってしまうと大きく卵巣が腫れ(チョコレート嚢胞)、ねじれなどが起こると激痛が起こり、緊急手術が必要になることもあります。

不正出血がなくても子宮内膜症になっている場合もある?

不正出血や生理が来ないなどは、婦人科の病気を疑うサインですが、それがなくても子宮内膜症になっている場合はあります。

婦人科にかかった方がよい目安はありますか?

ひどい月経痛や、不妊で悩んでいる場合には婦人科で診てもらいましょう。子宮内膜症では、子宮と周りの臓器とがくっついていると、内診で子宮の動きが悪かったり、痛みがあったりします。

また、子宮のほかに卵巣、卵管も観察することができますので、卵巣に子宮内膜症が起こっていないかも調べられます。それ以外の臓器については、MRI検査を受けることで、どこに起こっているかを詳しく調べることができます。

日常生活でできる子宮内膜症の予防方法はありますか?

残念ながら、子宮内膜症を予防する方法はありません。しかし、規則正しい生活を送り、順調な生理が来ていれば、子宮内膜症の症状に早く気づき、早めの治療を行うことができるでしょう。

医師からのアドバイス

子宮内膜症は、女性の生活の質を著しく低下させてしまう病気の一つです。気になる症状があれば、早めに婦人科を受診して調べてもらうとよいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)