レコチョクランキングを席巻してきた藤原さくらが月間アルバム部門首位に

写真拡大

「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 2016年6月度」が発表され、アルバムランキングで藤原さくらの「Soup」が1位を獲得したことが分かった。レコチョクランキングの1位には、Flowerの「やさしさで溢れるように」が入った。

【写真を見る】Flowerのシングル「やさしさで溢れるように」がレコチョクランキング1位に

「アルバムランキング(※「Soup」はCDパッケージではシングル)」で1位となった藤原の「Soup」は、彼女もヒロイン役で出演したドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)の主題歌。

同ドラマで主演を務めた福山雅治が作詞・作曲を手掛けた表題曲「Soup」、劇中歌「好きよ 好きよ 好きよ」、そしてカバー曲「500マイル(佐野さくら with 神代広平 Ver.)」を含む「Soup」は、6月8日の配信開始と同時に7日間連続で1位を獲得した。

6月15日付けの週間ランキングでも1位となり、6月17日の「ミュージックステーションSP」(テレビ朝日系)で藤原が生歌唱した後、人気が再燃。6月18日、19日付のアルバムデイリーランキングで1位に返り咲き、6月中はトップ10以内にランクインし続けるなどして6月度月間ランキングで首位を飾った。

既報の通り「Soup」「好きよ 好きよ 好きよ」「500マイル」は、レコチョクのさまざまなダウンロードランキングで1位を獲得し、ロングヒットを記録。スマートフォン向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ(R) powered by レコチョク」におけるプログラム再生ランキングも1位を獲得し、ダウンロードでも、ストリーミングでも1位、計“9冠”の快挙を達成していた。

今回、アルバム部門で月間1位という快挙も達成し、Flowerと並んで6月度“レコチョクの顔”とも言うべき活躍を見せた。

一方、Flowerの12thシングル「やさしさで溢れるように」は、JUJUの名曲をカバーし、6月4日に公開された岩田剛典&高畑充希W主演映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の主題歌。

5月25日よりデジタル先行配信を開始されるや、レコチョクデイリーランキングでは映画公開直前の6月3日付から5日間連続で1位を獲得した。また、6月10日には「ミュージックステーション」の生出演を受け、6月9日から4日間連続で1位に返り咲いた。

6月8日、15日に発表された週間ランキングで連続1位を獲得し、配信開始から現在まで1カ月以上トップ10内にランクインするロングヒットを記録。6月度に最もダウンロードされた楽曲となった。

今後の活躍も大いに期待すべきニュージェネレーションのアーティストたちが月間アワードを受賞し、下半期の音楽シーンはどうなるのか、楽しみは尽きない

【レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2016年6月度】(7月1日発表)

■レコチョクランキング

1位「やさしさで溢れるように」Flower

2位「Soup」藤原さくら

3位「Mint」安室奈美恵

4位「好きよ 好きよ 好きよ」藤原さくら

5位「魔法って言っていいかな?」平井堅

■アルバムランキング

1位『Soup』藤原さくら

2位『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』V.A.

3位『TIMELESS WORLD』コブクロ

4位『Dangerous Woman』Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

5位『KPP BEST』きゃりーぱみゅぱみゅ