4日、中国新聞網によると、バングラデシュの首都ダッカで起きた人質立てこもり事件をめぐり、韓国政府は3日、外交部報道官の名義で事件を非難する論評を出した。写真は韓国外交部。

写真拡大

2016年7月4日、中国新聞網によると、バングラデシュの首都ダッカで起きた人質立てこもり事件をめぐり、韓国政府は3日、趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)外交部報道官の名義で事件を非難する論評を出した。

現地時間1日夜に起きたこの事件では日本人7人を含む計22人が犠牲になった。韓国政府は犠牲者や遺族に向けて哀悼の意を示し、「どのような理由であれ、テロ行為は正当化できない非文明的、非人道的な犯罪だ。徹底的に制圧する必要がある」と表明。その上で、「韓国は国際社会がテロ撲滅に向けて行う行動に積極的に加わる」とした。(翻訳・編集/野谷)