「お家に入れて欲しいニャー…」ドアの前にたたずむ野良猫を助けてあげたら、3匹の赤ちゃんが生まれたよ! 幸せな巡りあいに笑顔がこぼれる物語

写真拡大

動物は可愛いですが、飼うことには大きな責任が伴います。ましてや偶然、道で拾ったり保護したりという出会い方だったら……一時的に預かることはできても、状況次第では、ずっと飼うのは難しいということもあるでしょう。

今回、海外サービスの imgur と reddit からご紹介するのは、人に頼ることを決めた野良猫と優しい飼い主さんの、不思議な出会いの物語です。

巡りあわせって、あるんだなぁ。

【寒い夜、行き場をなくしていたニャンコ】

1月の寒い夜、あるお宅の玄関に、1匹の野良猫があらわれました。まるで「家に入れて欲しい」とでも言いたげな表情を見せるニャンコは、無事にこのお家に招き入れられます。

そのときのニャンコは、長い毛があちこち絡まり、ひどい状態だったみたい。飼い主さんはそれを丁寧にとかして、キレイにしてあげました。

ところがしばらくして、飼い主さんは彼女の様子の変化に気づきます。体がどんどん丸みを帯びて、眠っている時間が長くなる――そう、ニャンコは妊娠していたのです。

【無事、3匹の赤ちゃんが生まれました!】

5月初旬、ニャンコは可愛い3匹の赤ちゃんを産みました。それから6週間、仔猫たちは日々すくすくと大きくなっているようです。reddit に投稿した飼い主さんによると、仔猫たちは、近いうちに引き取られることが決まっているみたい。

この飼い主さん、実は猫を飼うことじたいはじめてだったそうで、最初のニャンコとの出会いも、仔猫の成長を見守ることも、新しい経験の連続だったんですって。

ママニャンコの決断があったからこそ、優しい飼い主さんに巡りあえて、仔猫たちは無事に生まれてこられたんだなあ。このお家に来られて、本当に良かったね。

仔猫を手放すことは本当に辛いと語っている飼い主さん。でもきっと、引き取られていった先でも、仔猫たちは大切に愛されていくはず。たくさんの幸運に包まれて生まれてきたチビニャンコたちですものね!

参照元: imgur, reddit
執筆=森本マリ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む