Yコンビネーターの社会実験始まる──オークランドで「ベーシックインカム」導入へ

写真拡大

シリコンヴァレーの名門インキュベーター・Yコンビネーターが、カリフォルニア州オークランドで「ベーシックインカム」(最低限所得保障制度)の社会実験を開始する。Yコンビネーターの狙いと、プロジェクトがもたらす可能性。

「Yコンビネーターの社会実験始まる──オークランドで「ベーシックインカム」導入へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

シリコンヴァレーの名高きインキュベーター、Yコンビネーターは6月はじめ、驚くべき発表を行った。「ベーシックインカム」のパイロットプロジェクトを、カリフォルニア州オークランドで年内に開始するというのだ。

この実験は、参加者たちに1年間、無条件で少額の現金を毎月支給し、どうなるのかを見てみようというものだ。運がよければ、このチャンスを生かして貧困から脱出できるかもしれない。

Yコンビネーターリサーチのマット・クリシロが『Ars Technica』US版に語ったところによれば、「30〜50人」に対して月額「1,500ドル、もしくは2,000ドル」を支給するという。また、現金の支給を受けない同規模の比較対照群も用意される。1年間に約150万ドルを費やすこのプロジェクトは、2016年中に開始されることになっている。

Yコンビネーターの狙い

最低限所得保障という考えは、かなり以前から各地で議論されてきた。とりわけ20世紀の思想家たちの間で盛んに議論が行われ、例えばマーティン・ルーサー・キング・ジュニアもこの考えを支持していた。

しかし、実際にベーシックインカムの大規模な実験が計画されるようになったのは最近のことである。カナダのマニトバ州では1974〜79年にかけて実験が行われた。オランダ・ユトレヒトやフィンランドでも、試験導入が行われることになっている。そして今回のオークランドのほか、ケニアでも「ギヴ・ディレクトリー」という組織によって同様のプログラムが行われる予定だ。

オークランドでのプロジェクトの運営者に抜擢されたのは、ミシガン大学の博士課程を2016年に卒業した研究者、エリザベス・ローズだ。このプロジェクトの目的は、「基本的なニーズを満たせる力と自由を人々に与えること」だと彼女は言う。

しかし、その細部はまだ十分に煮詰められておらず、多くの疑問も残っている。参加者は実際にはどのように選ばれるのか? オークランド全住民を対象とした完全な無作為抽出が行われるのか? 高所得者は自動的に除外されるのか? 通知はどのような方法で行われるのか? 送金方法は? そして何より、このプロジェクトは本当にうまくいくのか?

もし成功すれば、Yコンビネーターのベーシックインカム・プロジェクトは次の5年で数百人規模に拡大され、おそらくオークランド以外の住民も参加することになるだろう。Yコンビネーターは貧困層を、適切な方法で支援したいと考えているのだ。

「このプロジェクトの趣旨は、Yコンビネーターで得た利益を研究に投入しようというものです」とクリシロフは語る。「Yコンビネーターには、ただお金を稼ぐだけでは面白くない、というカルチャーがあります。Yコンビネーターのプレジデントであるサム・アルトマンは、Yコンビネーターに与えられた重要なミッションは最も革新的なものをつくることだ、といつも話しているのです」

RELATED

オークランドは興奮している

もちろん、人々を貧困から救うのは生易しいことではない。ホワイトハウスによれば、2012年の統計では米国人の約15パーセント(1,340万人の子どもを含む4,970万人)が貧困線(生活を行うための最低限の収入を表す指標)を下回る生活を送っているという。

さらに悪いことに、「米国の低所得層のなかで、今後20年で所得金額分布の最低階級から脱出できる割合はおよそ半分だけ」だといわれている(『エコノミスト』誌の記事は、貧乏な人がさらに貧しくなる仕組みを説明している)。

オークランドでは、きらびやかで新しいレストランやカクテルバーがダウンタウンに生まれる一方で、全住民の20パーセント弱が貧困生活を送っている。おまけにオークランドはサンフランシスコに隣接しているため、米国で4番目に家賃が高い都市になってしまった。

米国の多くの都市と同じく、オークランド住民の生活は、所得と人種の違いによって分かれている。その格差は、質の高い教育や公衆衛生、食料品の入手における大きなギャップとしても現れている。

オークランドのリビー・シャーフ市長は、2015年10月の施政方針演説でこう述べている。「わずか1マイル違うだけで、一方の地区は他方に比べて失業率が2倍近く高く、平均寿命が15年も短い場合があります。こうしたオークランドの現状を知りながら、市が、市民全体の健康を祝うことはできません」

Yコンビネーターがベーシックインカムの計画を発表したことを、オークランド行政は快く迎えた。シャーフ市長は即座に、オークランドが選ばれたことに「興奮している」とツイートした。オークランド選出のバーバラ・リー下院議員も、この計画への支援を表明している(PDF)。

その一方で、「Causa Justa :: Just Cause」(CJJC)などの一部のグループは、Yコンビネーターはオークランドの労働者階級のニーズからかけ離れた組織であると述べ、このようなプロジェクトを適切に管理できるのかを疑問視している。

One of today's must reads. I'm excited that @ycombinator has chosen to pilot the study in Oakland cc: @RepBarbaraLee https://t.co/op9REzczx7

- Libby Schaaf (@LibbySchaaf) June 1, 2016

オークランドのリビー・シャーフ市長のツイート。

Yコンビネーターのオークランドでのプロジェクトは、実験段階のごく初期にすぎない。

「今回のプロジェクトの主な目的は、データを集めることです。オークランドのような社会経済的な多様性をもつ都市でそれを行うことが役に立ちます」と、サンディエゴ大学で社会哲学を研究するマット・ズウォリンクシ教授は言う。

「今回の実験により、富裕層と貧困層、教育を受けた人々と受けていない人々、技能をもつ労働者とそうでない労働者などの反応に、どのような違いがあるのかを見ることができます。そして、そこから得られた情報を踏まえることで、将来の研究や適切な公共政策をつくることが可能になるのです」