【松田丈志インタビュー@後編】

 今年4月の日本選手権でリオデジャネイロ五輪の日本代表メンバー入りを逃し、現役引退を表明した北島康介。松田丈志が初めて日本代表入りした2002年のアジア大会のとき、2歳年上の北島はすでにエースとして君臨していた。松田にとって北島は、常に追いかけるべき存在であり続けた。その姿を、松田はどう見ていたのか――。

「僕が康介さんを見て衝撃的だったのは、2002年のアジア大会で世界記録を出したときでした。その年の康介さんは、8月のパンパシフィック選手権でひじを痛めて棄権し、アジア大会に向けての直前合宿でもほとんど練習できていなかった。逆に僕は、死ぬほど泳いで臨んだので、『それでも世界新を出しちゃうんだ。すげえ!』と思いました。その意味では、持っているモノの大きさに衝撃を受けました。

 僕の初めての世界大会だったアテネ五輪のときもそうでしたが、康介さんは100%の状態じゃなくても勝つというすごさがあります。そう思って振り返ってみると、ロンドンの僕の200mバタフライ(銅メダル)や、入江陵介の200m背泳ぎ(銀メダル)は、まずこちらが100%を出さないとチャンスはなく、その上で相手が1%でも2%でも失敗してくれたら、やっと金メダルが見えてくるという勝負だった。でも康介さんは、アテネでは100%の状態でなくても、ふたつの金メダル(100m・200m平泳ぎ)を獲ったんです」

 2004年のアテネ五輪直前、アメリカのブレンダン・ハンセンが北島の持つ100mと200mの平泳ぎの世界記録を更新。しかし、北島は2003年の世界選手権のときも、直前に自身の世界記録を塗り替えられながら、それをモノともせずに優勝を果たした。そのときの経験が、アネテ五輪でふたつの金メダル獲得につながった要因と言われている。

「アテネでの決勝レースでブレンダン・ハンセンが自身の世界記録を塗り替えるような泳ぎをしていたら、金メダルは厳しかったかもしれない。でも、康介さんには、相手にベストを出させないような"何か"があるのではとも思います。本当に強い選手というのは、そういう大事な場面になると、メンタルのタフさなどを含めた総合的な強さを発揮するので......。

 アテネ大会前のスペイン合宿に行く直前、康介さんはひざにガングリオンができて、プールのなかで泳がずに歩いている映像を見た覚えがあります。そのときは心配というか、『本当に大丈夫かな?』と思いました。その状態から金メダルをもぎ獲るところまで持っていく精神力の強さは、本当にすごい。普通の人なら、『ちょっと厳しいな......』と思えば、気持ちも引いてしまうものです」

 2008年、北島は自身3大会目となる北京五輪に挑んだ。周囲から聞こえる期待の声は、「五輪2種目とも2連覇」。当時25歳の北島は、多大なプレッシャーを背負いながら、エースとして舞台に立った。

「北京五輪で一番印象に残っているのは、100m平泳ぎ・準決勝のあとの姿でした。あのとき、ノルウェーのアレクサンダー・ダーレオーエンが世界記録に0秒03まで迫る59秒16を出し、予選よりタイムを落とした康介さんは2位だった。もちろん、そこが勝負じゃないけど、2位で帰ってきて本人も、『ヤバい』と思ったのでしょう。トレーナーのマッサージを受けていたときはヘッドホンをつけて、下を向いたまま誰とも話さなかったんです。

 その瞬間は人を寄せつけない雰囲気があり、戦っている感じがすごくありました。準決勝での自分の泳ぎを考え、決勝で絶対に勝つためにはどうしたらいいのか、というのを自分自身で消化している感じがして......。そのオーラを感じたとき、最後は勝つのではないかと思いました。でも、そういう雰囲気になるのは本当に一瞬。あとはみんなと仲よく話すなど、すぐに気持ちを切り替えていました。そういう部分は、僕もけっこう学んだところです。

 僕の場合は地方の小さなクラブで育ったので、中学生くらいになると同じメニューを一緒にできる選手もいなくなったので、常に孤独と向き合って練習をしている感じでした。そういう環境で僕は泳ぎを突き詰め、アネネ五輪の代表権を獲った。だけど、それだけでは戦えなかった。そのことから学んだのが、自分が頑張るというのは基本だけど、そのうえで周囲の力も自分の力に変え、他人に頼る部分があってもいい、ということでした。それからは本当に楽になったし、楽しくなった部分でもあります。

 康介さんのすごいところは、苦しい場面でも、それを楽しんでしまうようなところがあることです。極限の舞台でも冗談を言えるし、それを楽しめる力がある。今の萩野公介を見ていると、最後に必要になってくるのはたぶん、そういうところだと思います。一方、瀬戸大也はそういうところがちょっとうまいから、世界選手権でも結果を出せているのかなと......」

 2012年4月の日本選手権。北島は100m平泳ぎで日本記録をマークし、200m平泳ぎでも高速水着禁止以降の世界最速タイムを叩き出した。日本競泳史上初となる、平泳ぎ2種目での3大会連続オリンピック出場。その年の9月に30歳を迎える北島は、ロンドン五輪でも金メダルを狙いにいった。

「ロンドンに関して、康介さんは一度休んだあとにアメリカで3年間過ごしたけど、『自分で考えてやる』という楽しさをそこで味わったのではと思います。あくまで僕の主観ですが、日本選手権ではすごくいい泳ぎをしたけど、北京までに比べれば"土台"が小さかったのだと思います。平井(伯昌・のりまさ)先生のところで練習しているときは、自分自身の土台が大きかったから、80%くらいの状態でも戦えた。でも、土台が小さくなった結果、すべての要素が合わないと好タイムを出しづらくなったのではないかと思います。

 でも、200mで立石諒にも負けて、メダルが獲れなかったあとは、すぐに気持ちをメドレーリレーに切り替えていました。あのとき、僕も金が獲れなくて悔しかったし、入江も金が獲れなくて悔しくて、康介さんも悔しかった。一方、藤井拓郎は最初からメドレーリレーでメダルを狙っていた。そのみんなの思いがガチッとハマったのだと思います。平泳ぎが康介さんだったのはかなり大きいし、他の選手だったらダメだったでしょう。信頼感があって、『絶対にやってくれる』と思っているから、『俺らも絶対にやらなければいけない』という気持ちになった。みんながひとつに固まった結果が、銀メダルだったと思います。

 だから今回、リオの4×200mフリーリレーでも、『俺らなら絶対にやれる』という状況を作らなければいけない。おそらく僕がアンカーになるだろうから、『その順位を絶対に守ってくれる』という信頼感を作らなければと。アメリカは誰がくるかわからないが、中国は孫楊だろうし、イギリスはジェームズ・ガイがくる。そんな相手と対峙しても、『俺らがトップで戻れば、丈志さんは絶対にトップで帰ってきてくれる』という信頼感を作りたいし、それを裏切りたくない。5月のジャパンオープンでは、初日の200mは疲れがあってダメだったので、『このままじゃ信頼感がなくなる』と思って400mは頑張りましたから(笑)」

 ジャパンオープン(全日本選手権)で結果を残せず、リオ五輪の道を断たれた北島は、レース後に引退を表明した。そのときの彼の心境を、松田はどうように感じたのか――。

「ロンドン五輪後は日本の平泳ぎのレベルが落ちていたから、康介さん自身、「俺もまだ行けるかも」と思っていたのではないでしょうか。あの人はすごく純粋なところがあるから。ただ単純にもう1回、五輪に行きたくて、結果どうこうというよりも、『まだ戦いの場にいたかった』という気持ちもあったでしょうね。

 そんな康介さんを見て、次の世代の選手たちが受け継いでいかなければならないのは、『世界で戦う楽しさを味わうこと』だと思います。それをしっかり自分で味わって結果を出せば、喜びや感動があるし、1回味わえば絶対、『またそれを味わいたい!」といういいサイクルに入っていく。僕自身は個人では金まで届かなかったし、悔しさもあったけど、銀と銅を獲って喜びも感動もあり、すごく貴重な経験をした。だから若い人たちはまず、『世界で戦う楽しさを味わうこと』を経験しなければいけない。

 康介さんは五輪で金メダルを獲るとか、世界記録を出すことを、"日本人でもできること"にしてくれた。だから僕らも、金メダルを目指したし、世界記録を出したいと本気で思えた。そうやって戦い続ける姿をみんなに見せてくれたのだから、それを無駄にしてはいけないと思います」

【profile】
松田丈志(まつだ・たけし)
1984年6月23日生まれ、宮崎県出身。セガサミーホールディングス所属。4歳のときに地元・東海(とうみ)スイミングクラブで水泳を始め、久世久美子コーチの指導で頭角を現し、2004年のアネテ五輪に出場。練習環境に注目が集まり、「ビニールハウス生まれのヒーロー」と称される。北京五輪では200mバタフライで銅メダルを獲得し、ロンドン五輪では200mバタフライで銅、400mメドレーリレーで銀メダルを獲得。184cm・80kg。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi