全米女子OPへの出場権を得た渡邉彩香 五輪代表へいよいよ最終決戦(撮影:ALBA)

写真拡大

<女子世界ランキング>
 7月4日(月)、最新の女子世界ランキングが発表され、渡邉彩香が46位に入り、今週開催される海外メジャー「全米女子オープン」への出場権を得た。
【関連】彩香、ボミ、志保らの写真続々追加!女子プロフォトギャラリー
 現在野村敏京に続くリオオリンピック代表2番手争いの3番目につけている渡邉にとって、42位の大山志保、45位の宮里美香を抜かすためには大会出場が絶対条件。ただし、ここまで全米-の出場資格を持っておらず出場権を得るためには今週発表の世界ランキングで50位以内に入っていることが条件だった。
 渡邉はすでに渡米しており、現地での最終調整を経て五輪代表を懸けた最終決戦に挑む。「ここまで来たら全米で良かった人がリオに行くのがベストだと思う」と渡邉が話していた通り、カリフォルニアでの直接対決の結果がそのまま代表決定に結び付きそうだ。
 その他、世界ランク上位陣に大きな変動はなく、イ・ボミは韓国7番手(ただし1番手のインビー・パークは欠場の可能性あり)から「全米女子オープン」での逆転代表入りを狙う。

【ランキング】
1位:リディア・コ(14.71pt)
2位:ブルック・ヘンダーソン(8.87pt)
3位:インビー・パーク(7.96pt)
4位:レクシー・トンプソン(7.73pt)
5位:キム・セヨン(6.98pt)
6位:チョン・インジ(6.15pt)
7位:アリヤ・ジュタヌガーン(5.98pt)
8位:ステイシー・ルイス(5.73pt)
9位:エイミー・ヤン(5.66pt)
10位:ハナ・ジャン(5.54pt)
22位:野村敏京(3.33pt)
42位:大山志保(2.04pt)
45位:宮里美香(1.98pt)
46位:渡邉彩香(1.97pt)
57位:鈴木愛(1.78pt)
65位:菊地絵理香(1.63pt)
66位:上田桃子(1.61pt)
82位:笠りつ子(1.37pt)
84位:横峯さくら(1.32pt)
85位:宮里藍(1.31pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第18回】
今季初トップ10!横峯さくら、次戦メジャーに「気負わず」
代表入り辞退の松山英樹 一問一答 リオデジャネイロ五輪