中国ジャイアントパンダ保護研究センターの2頭のパンダ「華妍」と「張夢」は 臥龍核桃坪野生化訓練基地で約2年間の野生化訓練を受けたあと、2016年7月初めに正式に四川省栗子坪自然保護区で野生に帰される予定だ。

写真拡大

中国ジャイアントパンダ保護研究センターの2頭のパンダ「華妍(ホワイェン)」と「張夢(ジャンモン)」は 臥龍核桃坪野生化訓練基地で約2年間の野生化訓練を受けたあと、2016年7月初めに正式に四川省栗子坪自然保護区で野生に帰される予定だ。

【その他の写真】

約2年間、「華妍」と「張夢」は二段階を経た野生化訓練を続けてきた。訓練内容には人から与えられるエサではなく、自力でエサ取りを可能にすること、自力で水のある場所を探せるようにすること、自然環境の中で身を隠す場所を見つけられるようにすることなどが含まれている。中国新聞網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集JK)