Windows 10の無償アップグレードに関する新しい通知

写真拡大

 日本マイクロソフトは7月1日、Windows 10の無償アップグレードについて、通知方法を変更したと発表した。通知画面に「アップグレードを辞退する」の表示を新たに設け、キャンセルが簡単にできるようになった。

 これまではアップグレードの日時が事前に決まっていたが、新通知はこのスケジュール機能をなくし、「今すぐアップグレード」と「日時を指定」、「無償アップグレードを辞退する」を選べるようにした。

 Windows 10の無償アップグレードをめぐっては、スケジュール機能によって自動的にアップグレードが始まり、ソフトが使えなくなるなど予期せぬ不具合が生じる場合があった。

 こうした状況を受け、日本の消費者庁は、自動アップグレードのキャンセル方法などをまとめた「確認・留意事項」を発表し、ユーザーに異例の注意喚起を促していた。