「なかなか男としては、つらい判断でした」

 先月の全仏オープン2回戦で錦織圭がそう語った試合の相手こそが、今回のウインブルドン3回戦で相対したアンドレイ・クズネツォフ(ロシア)である。「つらい判断」の内実は、相手の強打と真っ向勝負で打ち合うのではなく、高く弾む山なりのボールや、ドロップショットなどの緩いボールを混ぜたこと。上記の発言は多少のリップサービスを含むものではあるが、"攻めのテニス"を「自分らしさ」と定義する彼にとって、深層の部分では本音でもあったはずだ。

 しかし今回の再戦では、錦織には、男の意地にこだわっている余裕などなかったろう。

「試合中は、自分の痛みと戦うときのほうが多かった。痛みとともに今週はやらなくてはいけない」

 大会前に痛めた左脇腹の状態は、この本人の言葉でも明らかなように、万全ではない。身体の状態と相談し、「早く試合を終わらせたいとも思っている」現状が、勝利のためにもっとも効率的な戦法を、錦織に選び取らせたのだろう。

「かなりスピンが(相手に)利いていたので、なるべく意識して打っていた。また、スライスもいつもより多く使った。スライスの感覚が今日はよかったので、かなりいいディフェンスもできたし、うまく混ぜられた」

 全仏の赤土で効果的だったスピンに加え、今回の対戦では、芝の上を滑るスライスも多用した。一定のリズムで打ち合うことのない錦織の"チェンジ・オブ・ペース"に強風も重なって、クズネツォフの強打の律動は、試合が進むにつれて乱れていく。この日のクズネツォフのアンフォーストエラー(自ら犯したミス)は37本を数えたが、それらは、錦織の巧みな配球によって誘発されたものでもあった。

 また、スライスの感覚のよさは、ネットプレーにもつながっている。スライスを相手コートに流し込むや否や、一連の流れるような動きでネットにつめ、相手にプレッシャーをかけたのである。

 そのようなプレーが顕著に表れたのが、第3セットの第11ゲーム。相手サービスゲームでのデュースの場面だった。

 全力で逆クロスに打ち込んでくるクズネツォフのフォアを、錦織は軽やかに2本、3本と続けてスライスで返していく。相手の攻め気をいなしながら、繰り返される長い打ち合い......。そうして16本目のラリーで、錦織は相手の足もとにスライスを沈めると、一気にネットへ走り込んだ。その錦織の姿に気圧(けお)されるように、ネットを叩くクズネツォワの打球。この攻防を契機に錦織は6連続ポイントを奪い、そのままフィニッシュラインまで疾走した。途中、雨による2度の中断を挟んだ試合ではあるが、終わってみれば、試合時間そのものは1時間58分。錦織自身も、「もうちょっとタフな試合になると思っていた」と意外に感じるほどの、7-5、6-3、7-5の快勝であった。

「今日の圭は、今大会で一番の集中力で試合に入っていた。ファーストサーブの確率は高かったし、それにスライスがよかった。そこが、すごく嬉しい点だ」

 安堵と満足感の入り混じった表情で、試合直後に一気にまくしたてたのは、コーチのダンテ・ボッティーニである。

「スライスは、次の対戦相手にも有効だからね。次の試合でも、必ず必要になってくるショットだ」

 勝利の直後であるにもかかわらず、コーチの照準はすでに、次の相手に定められているようだった。

 その次なる対戦相手とは、クロアチアのマリン・チリッチ。錦織同様、ここまでの3試合で1セットしか落とさずに勝ち上がっている、今大会の第9シードである。

 チリッチといえば、2014年の全米オープン決勝で対戦し、錦織が敗れた印象があまりに強い選手だろう。ただ実際は、両者はその後も2度対戦し、いずれも錦織が勝利を収めている。

 通算11度目となる錦織との試合を控え、1歳年長のチリッチは「楽しみだ」と言った。

「僕と圭は、ツアーレベルでプレーするようになったのも同時期で、ライバルと呼べる存在だ。何度も対戦しているので、お互いのプレーはよくわかっている。ただ、グランドスラムでの対戦は全米の決勝戦以来だし、芝で戦うのも初めて。お互いにとってチャレンジであり、とても重要な一戦になるはずだ」

 さらに、"芝"というコートサーフェスが両者に与える影響について、チリッチは次のように予測している。

「僕の芝でのプレーの感触は、とてもいい。サーブが効果的だという点でも、僕のプレースタイルに向いていると思う。でも、圭のように速い展開が好きな選手にも、芝は向いているはずだ。だから、どちらの選手にとっても有利に働くんじゃないかな」

 自身のサーブに自信を深めつつも、「圭は速い展開が好きだ」と見るチリッチの警戒心――。おそらくはそこにこそ、ボッティーニコーチが「チリッチにもスライスは有効」と睨む理由がある。

 たしかに、ボールを早いタイミングでとらえる展開力が、錦織の武器ではあることは間違いない。ただ、ここにスライスのアクセントを加えることで、相手の読みに揺さぶりをかけることが可能だからだ。

 もちろん、錦織本人が「自分の身体に、いかにムチ打って戦うか」だと感じるほどの脇腹の痛みは、疑いの余地ない不安材料だ。どこまで「ムチ打つ」ことが可能なのか......。それは、本人と周囲のスタッフたちにしかわからない部分でもある。

 ただ、「自分の身体と戦うことに神経を使っているので、そこまで勝ちに欲が出てこない」という無欲さ、そして、多少の妥協も受け入れる気持ちが、ここまでいい方向に働いている部分があるのも、またたしかだ。

「芝でのストローク戦に自信がついてきました」

 つらそうな言葉が並んだクズネツォフ戦後の会見の最後に、錦織はそう言った。

 ケガの功名的に体得した、スライスも効果的に用いる芝向きのプレー。もしかしたらそれこそが、これまで錦織を阻んできた「ウインブルドン4回戦の扉」を開けるカギとなるかもしれない――。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki