銀座に新商業施設「パズル ギンザ」シュラスコ専門店スーペル バッカーナなど出店

写真拡大

都市型商業施設「パズル ギンザ(PUZZLE GINZA)」が、2016年7月27日(水)にグランドオープン。

[ この記事の画像をもっと見る ]

東京メトロ「銀座一丁目」駅出口直結の「パズル ギンザ」は、「ビーシービージーマックスアズリア」の旗艦店と、こだわりの食材を使用した7つの飲食店の計8店舗で構成。個性溢れる各店舗をパズルの1ピースと見立て、施設の利用者が様々なシーンに合わせて利用出来るような施設構成をコンセプトとしている。

注目は、本ビル10階にオープンするレストラン「スーペル バッカーナ(Super Bacana)」。ここでは、ブラジル発祥の肉料理“シュラスコ”を思う存分堪能できる。また、シュラスケイロというスタッフが客の目の前でナイフで切り分けてサーブしてくれる、エンターテイメント性の高い演出も魅力のひとつだ。

メインのシュラスコは、定番のピッカーニャ(イチボ)やアルカトラ(モモ肉)、クッピン(コブ肉)に加え、パレッタ(ミスジ)など日本では今まで見ることのなかった希少部位も用意。そのほか、豚肉や鶏肉、ソーセージなど豊富なラインナップが揃う。

なお、メニューはすべてビュッフェ形式。お肉12種類の食べ放題に加えて、20〜30種類のサラダバー、ドリンクバー、デザートブッフェがセットとなる。また、単品メニューには、フルーツカクテルにアイスバーを入れた夏にぴったりの「カイピレ」が登場する。濃厚なシュラスコを味わった後のお口直しにはぴったりだ。

9階には六本木で人気のステーキハウス「37 Steakhouse & Bar」の姉妹店であり、牛、豚、鶏、羊などの厳選されたブランド肉をグリルで焼き上げる肉料理専門店「37 クオリティーミーツ」が銀座初出店。

人気メニューの「USプライムビーフ リブステーキ」は、アメリカの最高級ビーフとしてUSDA(米国農務省)の認可を受けたUSプライムビーフ リブステーキを使用する贅沢な一品。上質な味わいと柔らかさが特徴のお肉を、ニガリの効いた“塩”でシンプルに味わって。

そのほか、新潟上越地方の地酒や食材など、本物の郷土料理を楽しめる和食ダイニング「上越の恵 田喰 TAKU」も銀座に初出店。先行オープンしている創作和食・鉄板焼き専門店「伊万里 櫓庵冶」では、九州肥前の食材、西海の魚介類・活イカ・伊万里牛・佐賀の野菜にアレンジを加えた料理を提供する。

【施設情報】
パズル ギンザ(PUZZLE GINZA)
グランドオープン日:2016年7月27日(水)
住所:東京都中央区銀座二丁目5-19
アクセス:東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅5番出口直結
テナント数:8(地下1階地上10階)

■テナント情報
・1〜3階 ビーシービージーマックスアズリア 旗艦店 / アパレル
※2016年3月より営業中
・4階 銀座天龍 / カジュアル中華
※2016年3月より営業中
・5階 上越の恵 田喰 TAKU / 和食ダイニング
※7月27日(水)オープン
・6階 佐賀牛 Restaurant SAGAYA / 焼肉
※7月21日(木)オープン
・7階 伊万里 櫓庵冶(イマリ ロアジ) / 創作和食・鉄板焼き
※7月6日(水)オープン
・8階 GABURI BEEF 天 GINZA / プライベートグリルダイニング
※7月15日(金)オープン
・9階 37 クオリティーミーツ / 肉料理専門店
※7月27日(水)オープン
・10階 スーペル バッカーナ(Super Bacana) / 肉料理
※7月6日(水)オープン