楽天、インターネットラジオ配信プラットフォーム「Rakuten.FM」の提供を開始

写真拡大 (全2枚)

楽天は、インターネットラジオ配信プラットフォーム「Rakuten.FM」を2016年7月1日から提供開始した。これに合わせ、TOKYO FMグループ企業などとの協業によるフラッグシップのステーション「Crimson FM(クリムゾンエフエム)」の放送をデジタル放送「i-dio」内で開始し、同時に「Rakuten.FM」内での運用も開始した。

「Rakuten.FM」は、iOS版とAndroid版アプリ、ブラウザのウェブサイトから、様々なジャンルの音楽やトーク番組を、インターネットを通じて無料で聴くことができるインターネットラジオ配信プラットフォーム。

リスナーは、参画コンテンツ・プロバイダーが編成・配信するクラシックやジャズ、インディーロックやクラブミュージック、アニメソングなどの音楽ジャンルの専門ステーションや、「楽天イーグルス」や「楽天トラベル」が運営する楽天独自のコンテンツ、またスポーツ、ライフスタイル、カルチャーなどの情報を発信するステーションなど、サービス開始時は計20ステーションで様々な音声コンテンツを楽しめる。ステーションは今後、順次拡充していく予定となっている。

「Crimson FM」は、「HUMAN CENTRIC × DATA DRIVEN」をコンセプトに編成される、「Rakuten.FM」のフラッグシップステーション。音楽・ラジオ番組制作の経験豊かなキュレーターが、リスナーの聴取データに基づき番組を編成し、ジャンルに縛られない幅広い楽曲や、国内外の音楽フェスティバル情報、俳優・女優やお笑いタレントなどがパーソナリティを務めるトーク番組など、様々な独自のエンターテイメント・コンテンツを提供する。

具体的には、最新のテクノロジー情報やスタートアップ、人気の読者モデルを取りあげる「Rakutenクラブ」、毎回1アーティストをテーマに特集する「Sunday Special」、「Crimson FM」ならではの演歌番組「Soul of Japan」などの番組を用意。また、世界最大規模の野外ダンス・ミュージック・フェスティバル「Tomorrowland(トゥモローランド)」や日本最大級の音楽フェスティバルなど国内外の音楽フェスティバルとコラボレーションし、リスナーがライブ音楽も楽しめる番組を提供していく予定となっている。

「Crimson FM」は、地上波アナログ放送の終了に伴い使わなくなった帯域を利用した新しいデジタル放送「i-dio」で放送され、インターネットラジオ配信プラットフォーム「Rakuten.FM」を通じ、同時再送信される。

■Rakuten.FM(ラクテンドットエフエム)

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・コミックシーモアで“背筋も凍る恐怖体験”を大募集。ホラー漫画がお得に読めるキャンペーンも
・AbemaTV、最新テレビアニメの見逃し放送専門チャンネル「新作TVアニメチャンネル」を開設
・行定勲監督作の映画「うつくしいひと」をニコニコチャンネルで配信開始。売上全額を「熊本地震義援金」に寄付
・ソニー・エクスプローラサイエンス、自由研究に活かせる楽しい夏休みイベントを開催
・“ラスボス”幸子も初出演の「ニコニコ超パーティーII」を両日再放送