ニコニコ動画「森喜朗チャンネル」より

写真拡大

 また、森喜朗元首相のトンデモ発言が物議をかもしている。昨日3日に行われたリオデジャネイロ五輪代表選手団の壮行会で、「先ほど国歌の斉唱があった。どうしてみんなそろって国歌を歌わないんだ」「国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない」と選手たちに説教をぶちかましたのだ。

 "サメの脳みそ"の森元首相のトンデモ発言に、ネトウヨたちは「正論」「よく言ってくれた」などと賛辞をおくり、「歌わないヤツは非国民」「税金使ってるんだから、歌って当然」「国歌も歌えないやつは、日本人やめろ!」「お隣の国の血が入ってる人がいるんじゃないか」などと選手たちをバッシングしている。

 国歌を歌うことを強制するという戦前思考にはほとほとウンザリさせられるが、この一件は国歌を歌うべきかどうかという議論以前の問題。まさに元首相とネトウヨたちのおバカぶりを露呈させることになった。

 実はこのとき、会のプログラムにも会場のモニターにも「国歌独唱」と表示されていた。みんなで声をそろえて歌う「斉唱」でなく、自衛隊の音楽隊に所属する女性歌手による「独唱」だったのだ。

「独唱」であれば、どこの国でも歌わずに静かに聴いているのがふつう。一緒に大声を出して歌うほうが変わり者だ。選手たちが歌わなかったとしても、当然だろう。

 そもそも五輪に出場する選手を自分の手駒のようにエラそうに説教して、選手たちを励ます壮行会という場で逆にシュンとさせてしまうという勘違いぶりも甚だしいが、当の自分が独唱と斉唱の区別も付いていないという、いかにも"サメの脳みそ"の森元首相らしいお恥ずかしい顛末だったのだ。

 ところがなぜか、この一件をほとんどのマスコミは扱わなかった。朝日新聞が第一報を打ちYahoo!トピックスにもなったが、4日深夜までのテレビは壮行会が行われたことは報じるものの、君が代の一件には一切触れていない。産経にいたっては、森元首相の説教を記事にしながら、独唱だった件は完全にネグっている。

 さらに不可解だったのが、スポーツ報知だ。3日20時すぎに「森喜朗会長、国歌「斉唱」と「独唱」を勘違い? 選手に強い口調で苦言」というタイトルの記事を打ったのだが、ほどなく削除。まったく違うタイトルの記事に差し替えた。内容も一部修正している。

 報知といえば読売グループのスポーツ紙だが、本サイトでも繰り返し指摘しているように、最近の読売は、官邸の顔色を忖度する体質が蔓延している。今回の記事タイトル差し替えも、政権や日本オリンピック委員会からの抗議、あるいはネトウヨの"電凸"を受けてのものという可能性もあるが、いずれにしても過剰な自主規制であることは間違いない。

 過剰な自主規制という意味では、実は第一報を報じた朝日も、同じ。事実関係として斉唱でなく独唱だったことは書いているものの、森の間違いとは指摘していない。完全に腰が引けているのだ。

 いったい、メディアのこの及び腰はどういうことなのか。今回の出来事は、裏の取りきれないスキャンダルでも、政権の政策を真っ向から批判するようなものでもない、たかだか失言癖のあるトンデモ元首相の勘違い発言に、何をビビっているのか。

 おそらくは、「愛国心」「日の丸」「君が代」というワードの前に、思考停止してしまっているのではないか。権力者側が明らかな勘違いをしているにもかかわらず、政権やネトウヨに「反日」「非国民」と抗議されることを怖れて勘違いの事実さえも報道しない。

 問題は、スポーツの場に愛国心をもち込むべきか否か、国歌を強制すべきか否か、というレベルのことではない。それ以前の問題だ。

 これでは「反日」「非国民」という言葉の前にメディアが思考停止し、軍部の暴走を許した、戦中のような状況と変わらない。大袈裟な話ではなく、メディアの萎縮が相当ヤバいところまで来ている。
(エンジョウトオル)