写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトブレーンは7月1日、営業支援システム(CRM/SFA)「eセールスマネージャーRemix Cloud」に、日本語の他、英語/中国語/韓国語に対応の名刺OCR機能を拡充し、販売を開始すると発表した。

同機能は、スマートフォンで名刺を撮影するだけで即時にデータ化され、活動報告やスケジュール登録で活用できるもの。また、標準機能として提供されるため、「eセールスマネージャーRemix Cloud」のユーザーは追加費用なしで利用できる。

以前から提供している名刺デジタル化サービスと併用することにより、名刺OCR機能で認識されなかった文字も数時間から翌営業日中に自動でデータ修正される。

「eセールスマネージャーRemix Cloud」の価格は、1ユーザー当たり月額6000円(税別)/ユーザー、オンプレミスの場合は1ユーザー当たり6万円(税別)から。名刺デジタル化サービスの料金は、名刺1枚当たり35円。

(Aries)