日本を訪れる中国人の多くが、日本のトイレに驚き、そして感動するらしい。2015年に大きな話題となった爆買いにおいて、日本メーカーの温水洗浄便座が大量に買い求められたことからも、日本のトイレに対する高い評価が透けて見える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人の多くが、日本のトイレに驚き、そして感動するらしい。2015年に大きな話題となった爆買いにおいて、日本メーカーの温水洗浄便座が大量に買い求められたことからも、日本のトイレに対する高い評価が透けて見える。

 中国メディアの突襲新聞はこのほど、日本のトイレは「天下一」であると高く評価したうえで、中国人を感動させる要素について考察する記事を掲載した。

 記事はまず、日本のトイレのすばらしい点は「無料で使用できる」ことを挙げている。日本では有料の公衆トイレというものはあまり存在しないが、中国をはじめとする諸外国では有料の場合も存在する。そのため、無料で気軽にトイレを使えるというのは外国人観光客の立場としては非常に有り難いことのようだ。

 続けて、公衆トイレにトイレットペーパーが無料で設置してあることや、トイレットペーパーの質が高いことを指摘。中国ではやはりトイレットペーパーは有料で販売されているケースが多く、トイレットペーパーというよりもポケットティッシュのように薄い紙であることが一般的だ。そのためか、「日本のトイレットペーパーを使うと、中国に持って帰りたくなる」と伝えている。

 また記事は、トイレで使用済みの紙をそのまま便器に捨てて流すことができる点も日本のトイレのすばらしい点だと指摘。中国の場合は便器に紙を流すと詰まる恐れがあるため、そうしたトイレの場合は横にゴミ箱が設置されている。これは決して衛生的ではないため、中国人からすると日本のトイレはより衛生的に感じるのであろう。

 そのほか、子ども用トイレがあること、他人に聞かれたくない排泄音をかき消すための機能があることなどを挙げているが、やはり最大の理由は「清潔」であることのようで、「日本のトイレはいつだって清潔だ」と指摘。かなり周到に清掃が行われているのだろうと推測したうえで、「日本人も公衆トイレを汚さないよう使用している」と称賛している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)