ホンダN-WGN/N-WGN Custom(エヌ ワゴン/エヌ ワゴン カスタム)新車情報・購入ガイド
三菱&日産、スズキとライバル不在の前に、差をつけろ! 一部価格引き下げで勝負に出たNワゴン!【ニュース・トピックス:ホンダ】

写真拡大

改良というより、仕様変更程度?

 ホンダは軽自動車のNワゴン(N-WGN)を一部改良し発売を開始した。

 ホンダNワゴンは、ホンダのNシリーズ第4弾モデルとして2013年11月に登場した。Nワゴンの属するクラスは、ハイト系ワゴンと呼ばれている。ライバル車はスズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴなどで、各社の看板車種が熾烈な戦いを繰り広げる激戦クラスだ。このクラスの特徴は、総合力が高くないと売れない。総合力とは、燃費や価格に室内スペース、使い勝手などで、これらの要素が高い次元でまとめられていることが要求されている。

 ホンダNワゴンは、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを活かした広い室内空間や、使い勝手の良さなどに加え、横滑り防止装置(VSA)を全車標準装備。さらには、今では当たり前になっている30/h以下で機能する低速域自動ブレーキやサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを安価で装備できるあんしんパッケージをオプション設定するなど、高い安全性能も魅力的だった。こうしたことが評価され、Nワゴンは軽自動車として初めて新・安全性能総合評価で最高評価となる「5つ星」を獲得した。

 今回の改良では、Nワゴンにボディーと同色でメッキ仕上げとした新作のコンビネーショングリル、クロームメッキアウタードアハンドル(G・Lパッケージ、G・ターボパッケージ)を採用。インテリアにはブラウン×ベージュおよびブラックの2色を採用した(G・Lパッケージ、G・ターボパッケージ)。

 Nワゴンカスタムは、エクステリアに新作のメッキグリル、LEDフォグライト+クロームメッキ・フォグライトガーニッシュを採用。インテリアでは、LEDルームランプを採用した。

 装備面では、360°スーパーUV・IRカットパッケージをタイプ別に設定。ETC車載器、充電用USBジャック(急速充電対応)搭載のナビ装着用スペシャルパッケージをタイプ別に設定した。

 ボディカラーは、新色5種類を含め、全12種類のカラーバリエーションとし選択肢を増やしている。

 こうした改良は、比較的ライトなもので改良というよりお色直し的でもある。

量販グレードは、価格引き下げ! ライバル自滅中につき、勝負に出たNワゴン

 ホンダ Nワゴンの価格は、価格据え置きもしくは若干価格があがったものがある。しかし、注目はNワゴンの売れ筋グレードであるG・Lパッケージの価格が引き下げられている。G・Lパッケージの価格は、1,222,000円。改良前は1,240,000円だったので、18,000円価格が引き下げられている。売れ筋グレードの価格を引き下げるということは、より競争力を高めることになる。

 なぜ、こうした価格引き下げまで行って6〜7月の繁忙期に改良モデルを投入したのか。これには、それなりの理由が推測できる。その大きな理由は、ライバルメーカーである三菱、日産、スズキが燃費不正問題。三菱&日産はいつ軽自動車を売れるか分からない状態。スズキは、ブランドイメージに傷が付いた。

 まさに、ダイハツとホンダにとって、まさかの超追い風状態。5月の販売台数では、タントが前年同月比約130%という数値を記録。ホンダはN-BOXが約111%、Nワゴンにいたっては約121%を記録した。まさに、完全追い風状態。ここでガッツリと販売台数を積み重ねたいはずなのだ。三菱&日産はともかく、スズキが息を吹き返すと、燃費や軽量化技術に関しては、さすがのホンダもついていけていない状態。2016年度の販売を考えると、今がチャンスということだ。このタイミングでのライトな改良と、量販グレードの価格引き下げは、まさにホンダが勝負に出ているともいえる。

 2016年度上期の軽自動車販売戦争は、三菱&日産とスズキが失った需要をいかに勝ち取るかがカギを握りそうだ。

ホンダN-WGN/N-WGN Custom(エヌ ワゴン/エヌ ワゴン カスタム)

■Nワゴン価格
・C FF 1,090,000円/4WD 1,220,000円
・G FF 1,164,000円円/4WD 1,294,000円
・G・Lパッケージ FF 1,222,000円/4WD 1,350,000円
・G・ターボパッケージ FF 1,320,000円/4WD 1,450,000円

■Nワゴンカスタム
・G FF 1,380,000円/4WD 1,510,000円
・G・Lパッケージ FF 1,450,000円/4WD 1,580,000円
・G・ターボパッケージ FF 1,515,000円/4WD 1,645,000円

この記事をCORISMで読む→