画像

写真拡大

 サイバーエージェントは7月1日、人工知能を活用したチャットボット事業を行う連結子会社「株式会社AIメッセンジャー」に設立した。

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットボット事業を行う連結子会社「株式会社AIメッセンジャー」を2016年7月1日に設立した。くわえて、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger(エーアイメッセンジャー)」の提供を開始した。

 新会社の設立および同プラットフォームの提供開始は、WEB上においても実店舗と同じような接客と企業とユーザーをOne to Oneで結ぶ最適なコミュニケーションの実現を目指し行われた。

 AIメッセンジャーでは、2016年1月に設立した人工知能研究を行う「AI Lab(エーアイラボ)」と連携し、自然言語処理技術に基づいた独自の会話エンジンを開発。同エンジンは人と会話をするように、商品に関する質問や相談に回答することができ、さらに簡単な雑談にも返答することが可能になっている。

 「AI Messenger」は、先述の会話エンジンをベースに開発されており、ユーザーが入力した自然文から条件を自動で抽出し、FAQデータベースリストから該当する回答を自動で応答する。これにより、ユーザーからの問い合わせに対する回答スピードの短縮化と効率化を図ることができる。また、企業のWebサイト上のやり取りのみならず、ソーシャルメディアにも対応している。

MarkeZine編集部[著]