ジープ75周年記念車第2弾として設定された「ジープ・グランドチェロキー 75th アニバーサリーエディション」は、限定車共通のカラーなどが用意されているほか、フェイスリフト、装備の充実化も図られています。

1

外観では、フロントフェイスを一新し、より精悍なマスクにLEDのフロントフォグランプを装備することで高級感を演出。

安全装備も強化されていて「アダプティブクルーズコントロール(STOP&GO機能付)」、「アドバンストブレーキアシスト」、「前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)」、「ブラインドスポットモニター/リヤクロスパスディテクション」という、ベースモデルには設定のない先進安全装備をすべて用意。

また、290ps/347Nmというアウトプットを誇る3.6LのV6「ペンタスター」エンジンを改善すると同時に、「START&STOPシステム」と電動パワーステアリングを新設定することで燃費を約12%向上し、JC08モードは8.6km/Lから9.6km/Lになっています。

「ジープ・グランドチェロキー 75th アニバーサリーエディション」は計205台の限定。

ボディカラーが「レコングリーン」、インテリアカラーが「ブラック×フォレストベージュ」の組み合わせが80台、「ブリリアントブラッククリスタル」とインテリアが「ブラック」の仕様が125台で、価格は604万8000円です。

(塚田勝弘)

フェイスリフト、燃費向上、安全装備まで盛り込んだジープ・チェロキーにジープ75周年記念車が登場(http://clicccar.com/2016/07/04/382689/)