軽量性を追求

写真拡大

ミズノは2016年7月10日、ランニングシューズ「WAVE AERO 15(ウエーブエアロフィフティーン)」を発売する。

初級者からのステップアップを目指す、中級者ランナーをメインターゲットに想定して開発された。一般的に初級者向けシューズは着地時の衝撃から足を守るためにソール(靴底)のかかと部分が厚く、クッション性を重視したものが主流になっている。しかし、さらなるタイム向上を図るためには、軽量性の追及も欠かせないものとなる。

この課題に応えるため、「WAVE AERO 15」はソールを薄い構造にし、また弾力性の高い素材を採用することで、衝撃から足を守るクッション性は保持しつつ軽量性を追求している。また、走行時の着地時にかかと部が地面にひっかかりにくくすることで、前足部方向へよりスムーズな体重移動を可能にしたという。「上級者のトレーニング用としてもおすすめ」の商品に仕上がっている。

幅広タイプの「WAVE AERO 15 WIDE」も同時に発売される。

価格は1万4580円(税込み)。