島田洋七が“佐賀のがばいしくじり先生”として登場/(C)テレビ朝日

写真拡大

7月18日(月)夜7時から放送される「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)に、島田洋七が登場する。

【写真を見る】思い付きで行動する島田のしくじりの数々に、驚く若林正恭ら/(C)テレビ朝日

島田は'75年に漫才コンビ「B&B」を結成し、後の漫才ブームで一躍人気者に。また、'07年には著書「佐賀のがばいばあちゃん」がヒットを飛ばした。

漫才ブームをリードしたB&Bは、当時19本ものレギュラー番組を持つ売れっ子だった。しかし、ブームが去った後、島田はテレビからほとんど姿を消したという。

その理由について島田は、“人のアドバイスに耳を貸さず、何でも思い付きでやってしまう自身の性格”こそが元凶だと告白。そんな性格故、“事務所移籍4回”“コンビ解散6回”“副業失敗8回”、さらには“選挙落選”という数々のしくじりをやらかしてきたと打ち明ける。

授業では、思い付きによって失敗を繰り返してきたという波乱万丈の半生を赤裸々に告白する島田。漫才ブーム当時の驚きのエピソードをはじめ、自らの危機を救ってくれた大物芸人との友情秘話も明かす。