2日、環球網によると、タイ海軍が2017年度予算で中国から1隻目の潜水艦を購入する計画であることが明らかになった。資料写真。

写真拡大

2016年7月2日、環球網によると、タイ海軍が17年度予算で中国から1隻目の潜水艦を購入する計画であることが明らかになった。

同国の国防相は1日、海軍は中国から3隻を購入する計画だと発表し、1隻120億バーツ(約350億円)に上る価格について「決して高額ではない」と強調。「中国が提示した条件は10年間の分割払いを認める内容だった」と説明した。

タイは昨年7月に中国製潜水艦の購入を表明していたが、当局はその後、「コストと効果を再検討する」として一時保留を発表。中国製潜水艦をめぐっては、多額の費用や米国との関係悪化、技術レベルの低さを懸念する声が上がっていた。(翻訳・編集/野谷)