公園で「ダメ親子認定」されちゃう!知らないと嫌われる3つのマナー

写真拡大

ママはお子さんを公園で遊ばせやすい季節になりましたね。公園で遊ぶと元気いっぱい走り回り、夜ぐっすり眠ってくれるとあって、“公園遊び”はやはり子育ての鉄板とも言えます。

しかし、そんな公園で遊ばせるにも守るべき“マナー”があります。それは子ども同士はもちろん、親が率先して動くべきものもあるのです。それを分かっていないと、知らず知らずのうちに周りのママから“ダメ親子認定”されてしまうことに!

そこで今回は、筆者の周りの幼稚園や小学校に通うお子さんのいるママに、公園の不愉快な経験について聞いてみました。マナー違反の親子との遭遇率、結構高いようです。早速どういったマナーが欠落している親子がいたのか、ご紹介しましょう!

 

■NG1:おもちゃを借りたり壊したりしても知らんぷり

公園の定番、砂場。山を作ったり、掘ったり……子どもの想像力が育まれ、手指を使うとても良い遊びが砂遊びです。

砂場で使うことになるバケツやスコップ、型といった道具は自宅から持ちこむことになると思います。

でも、砂遊びをさせるつもりがなくて親が用意してこない場合もあります。その場合、“お友達の道具を借りる”のですから親も子も気をつけなければなりません。しかし、人の物を借りておいて平気で放置してしまう困った親がいるそうなのです。

「砂場にきたと思ったら、うちのスコップとかを勝手に使い始めた子がいたんです。でも、その子の親はわたしに対してなにもなし。使い終わっても、なにもなし……借りて当たり前とでも思ってるの? とカチンときました」(30代・幼稚園年中さんのママ)

人の物を借りたら、お礼を言うのは当たり前。子ども同士のことだからといって、なにもしないでただ見ているだけの親は親失格のレッテルを速攻で貼られてしまうので気をつけましょう。

さらに、借りたものを壊したにも関わらず、そのまま逃げたというマナー違反親子との遭遇経験があるという方も!

「うちの子が貸してあげたシャベルの持ち手部分を踏んで、バキっと壊した子がいました。でも、その親は知らんぷり。“ありがとう”も“ごめんなさい”も言わず、ただただスマホ画面とにらめっこをしていました。

そもそも、我が子が人の物を壊したことにさえ気付いていなかったのかも」(30代・小学校1年生のママ)

借りたものを壊してしまうということは、自分の子でもあり得る話ですよね。その気がなくても結果壊してしまったのであれば、謝るのはもちろん、弁償をするかどうかも相手の親と話し合うべきことです。

にも関わらず、見て見ぬフリをしてスルー……。“人のふり見て我がふり直せ”、逃げたくなるような状況でも決して逃げてはいけませんね。

 

■NG2:気持ちのいい挨拶ができない

親として以前に、人として必要最低限のマナーとも言える“挨拶”。子どもの頃から教わる挨拶ですが、それが気持ちよくできない親子が多いという意見がありました。

「こんにちは、とこちらが声を掛けてもチラっとこっちを見て知らんぷりの人、結構います。そして、自分の知り合いがいたときだけは大きな声で話して、幅をきかせてくるんですよ。

あれ本当に感じ悪いです。そういう親の子どもとは遊んでほしくないなって思っちゃいます」(40代女性・幼稚園年長さんのママ)

会釈するだけだとしても、にこやかな表情だと気持ちが良いですが、ムッとした顔つきで会釈されてもイマイチ響きませんよね。

声に出して「こんにちは」と言う際は、きちんと相手に聞こえる声で言うのも当たり前。でも、そんな当たり前ができない親がいるのです。

 

■NG3:子ども同士のトラブルを見て見ぬふり

避けようにも避けられないのが、子ども同士のトラブルです。遊具やおもちゃを取り合ったりして、ケンカになることもあるでしょう。

その場合、子ども同士で解決できないことは親が仲介するのですが、対応をしてくれない困ったダメ親がいるそうです。

「順番こに遊ぼうといっても、順番を守らない子がいてトラブルになりました。ルールを守って仲良く遊ぼうねと言っても全然響かない。当の子の親は知らんぷり。そういう親だから、こういう子になるんだな……とイヤな気分になりました」(20代女性・年小さんのママ)

おもちゃの取り合いならまだしも、ケガをしてしまう可能性だってあるのですから、お子さんの動向は気をつけて見守ってあげたいところです。

 

いかがでしたか? なにかあったときに我が子を守ってあげられるのは親しかいないということを忘れずに、公園で楽しい時間をお過ごしくださいね。

(ライター 清水希枝)

 

【関連記事】

※ いいかげんにしろ!スーパーマーケットでダメ親子認定されるNG行動4つ

※ 服装に気を付けて!公園にある「すべり台」に潜む思わぬ危険とは

※ いいかげんにしろ!スーパーマーケットでダメ親子認定されるNG行動4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 忙しいママ向けの「幻の美容液」を知っていますか?

※ 旦那の「愛が冷めた理由」は、あなたの体の〇〇にあるかもしれない

※ 最新のBBクリームは「エイジングケア」もできるらしい

 

【姉妹サイト】

※ このままじゃ不仲に?「夫と会話がないと気づいたら」妻がすべき行動3つ

※ 上手に喧嘩しよう!致命的な夫婦喧嘩でも仲直りできる魔法の言葉

 

【画像】

※ ふじよ / PIXTA(ピクスタ)