今やスタジオだけではなく、公園やビーチ、カフェなどさまざまな場所で開催されるようになった“ヨガ”。美容・健康の維持ために大きな注目を集めていますよね。このような空前のヨガブームに乗って、「レッスンに通い始めた」「DVDを見ながら自宅で取り入れている」という方も多いでしょう。

ですが反対に、「イマイチ気分が乗らない」「思ったような効果が得られない」と、ヨガをやめようと思っている方がいるのも事実のようです。もしかすると、この理由には、ヨガに対する疑問が多いからかもしれません。

今回は、ヨガインストラクターの筆者が、生徒の皆さんからよく聞かれる質問にお答えしていきたいと思います。

■1:体が硬いけど大丈夫?

ヨガを始めたばかりの方、これから始めようと思っている方からは、「体が硬いので心配」という声を耳にします。確かに、日常生活では取らないような複雑なポーズを取るヨガでは、柔軟性が必要になってきます。

とは言っても、柔軟性は継続することでついてくるもの。慣れるまでは、ポーズを完成させるよりも、心地良く体が伸びて、しっかりと呼吸できることが大切。

どうしても心配な方は、クラスの種類や強度を確認してから参加申し込みをすると安心です。

■2:生理中でも大丈夫?

ヨガは生理中でもおこなえますが、生理痛や不快感が強い方、経血量が多い日は、お休みすることをオススメします。加えて気を付けたいのが、足を高く上げる“逆転のポーズ”。生理中に逆転のポーズを取ると、ホルモンバランスを崩す恐れがあると言われているので控えましょう。

締め付けが強くないウエアを着用して、リラックスしておこなうことを心がけてください。

■3:1ポーズだけでも効果はある?

1ポーズだけでも効果は得られます。ただし、いきなり強度の強いポーズを取っては、筋肉や靭帯の負担になって体を痛める危険も……。

ストレッチをしたり、緩めるポーズを取ったりしてからおこなうことをオススメします。

■4:食事のタイミングは?

ヨガ前後は、食事のタイミングにも気を使いたいところ。直前の食事は、ポーズの最中に気分を悪くすることがあります。レッスンの2時間前までには済ませておきましょう。

直後の食事は、内臓の働きが活性化していて吸収率が高いので、要注意。2時間ほどあけてから摂ることを推奨しています。

「これって、どうなんだろう」という疑問は解消されましたか? 心や体の健康に役立つヨガ。無理することなく、自分のペースで楽しむための参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

ユニクロも着心地抜群!プロが太鼓判「ヨガウェア」オススメ&選び方