3日、フランス在住のイギリス人歌手、ジェーン・バーキンさんが、中国の駐フランス大使館にビザ申請を却下され、上海で開催予定だったコンサートの中止を余儀なくされていたことが分かった。資料写真。

写真拡大

2016年7月3日、フランス在住のイギリス人歌手、ジェーン・バーキンさんが、中国の駐フランス大使館にビザ申請を却下され、上海で開催予定だったコンサートの中止を余儀なくされていたことが分かった。米ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)が伝えた。

バーキンさんは今月9日、夫でフランスの伝説的歌手だった、故セルジュ・ゲンスブールさんの交響楽コンサートを上海で開催する計画だった。

中国大使館は却下の理由を明らかにしていない。バーキンさんはアムネスティ・インターナショナルの活動などを通じて世界の人権問題に関心を寄せてきた。08年北京五輪の際にはフランスで行われた聖火リレーへの抗議活動にも参加している。(翻訳・編集/柳川)